2017年03月24日

FUKUMUROママの編み編み鉛筆キャップ。

FUKUMUROからママの編み込ペンシルキャップを貰った。元々は「五十音」に卸していたそうだが再注文が無いのでそのままになっていた作り置きを貰った。色鉛筆に付けてみるとなかなか面白い。机上の面白いインテリアになると思う。しかしこの硬めに編んだ質感が良くて持ちやすい。それなら万年筆に編み込んだらいいよなあと思い今度は万年筆に編み込むのをお願いした。できたらお見せします。
P3240451.JPGP3240452.JPGP3240453.JPGP3240454.JPGP3240457.JPGP3240459.JPGP3240458.JPGP3240456.JPGP3240448.JPGP3240450.JPGP3240449.JPG
こちらはおしゃれクリップ
P3240460.JPGP3240461.JPG
posted by entotsu at 01:59| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

上野の森美術館アートスクール、水曜夜間合評会

今日は水曜夜間の「たらし込み下地に裸婦を描く」課題の合評会。火曜日と同じようにやはり明暗をしっかり描きこめているのが印象的である。
P3220428.JPGP3220432.JPGP3220430.JPGP3220431.JPGP3220434.JPGP3220433.JPGP3220429.JPGP3220436.JPGP3220435.JPGP3220439.JPGP3220437.JPGP3220438.JPGP3220440.JPGP3220441.JPG
こちらは僕の作品。当初は下地を利用して軽いタッチでロートレック風を目指していたんだけど、モデルさんを見ているとつい実在に引っ張られて重くなってしまうねえ。実在が好きなんだろうなあ。どうしたもんかねえ。
P3220442.JPGP3220445.JPGP3220444.JPGP3220447.JPG
posted by entotsu at 03:35| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

上野の森美術館アートスクール、火曜夜間合評会

火曜夜間の課題、たらし込み下地に裸婦を描くの合評会である。たらし込み下地の性質上明るい画面が多く絵にするためには人物を暗めに設定せざるを得ないため皆さん明暗がしっかり描きこまれたのと、バックをいじらずにやるため人物表現がいきなり進歩した人が多かった。立体表現のモデリングもうまくなっていました。絵は何が媒体となって進化するか不思議ですわ。
P3210409.JPGP3210410.JPGP3210411.JPGP3210414.JPGP3210416.JPGP3210415.JPGP3210412.JPGP3210413.JPGP3210418.JPGP3210417.JPGP3210419.JPGP3210421.JPGP3210420.JPGP3210422.JPGP3210423.JPGP3210424.JPGP3210425.JPG
こちらは僕の作品
P3210403.JPGP3210404.JPGP3210405.JPGP3210406.JPG
posted by entotsu at 01:38| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする