2015年12月18日

名古屋吹上骨董市

名古屋教室の忘年会があって、ちょうど骨董市があったので行ってきた。今回は教室の骨董商の甲斐さんは不参加とのこと。名古屋の骨董市は独特で関東では見かけないものが多く出る。刀類や鎧、金棒、変形槍などさすが合戦の本場だったと思うものが多い。焼き物は瀬戸などが近いこともあって豊富で安い。今回見つけたのは前から欲しかった人形で、これを万年筆で描いたら面白いよ。西洋人形もなかなかいいものがあった。関東で買ったらとんでもない値段だが、流石に破格の安さ。店の主人までこんなに安くしてはどうなんだろうか?と言ってた。見ざる聞かざる言わざるは象牙の細工物。これがやたら可愛かった。なかなか面白いものが描けると牛久教室に飾っていたら生徒さんたちが怖い!祟りがある!と誰も触らなかった。
PC160466.JPGPC160472.JPGPC160467.JPGPC160471.JPGPC160470.JPGPC160484.JPGPC160481.JPGPC160483.JPGPC160482.JPGPC160473.JPGPC160475.JPGPC160476.JPGPC160474.JPGPC160477.JPGPC160478.JPGPC160489.JPGPC160480.JPGPC160485.JPGPC160464.JPGPC160465.JPGPC160488.JPGPC160486.JPG
posted by entotsu at 04:20| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする