2015年12月24日

バッグのLEONARD

LEONARDのバッグを初めて見たのは23年前のパリである。それも馬具制作工房である。馬具の中に1点だけLEONARDのショルダーバッグがあった。そこは馬具の注文を受けて職人が作る店だったから基本的にメーカーのバッグなどは置いていない。だからなぜその店にLEONARDのバッグが、それも一点だけ置いてあったのかはわからない。ただその時買ったのは乗馬のバッグで日本に帰ってからあのショルダーバッグはよかったなあと半年たってパリに行く人に頼んで買ってきてもらった。とにかく作りが重厚でさすが伝統のある国のバッグは違うと思ったのである。その後しばらくしてLEONARDのバッグが輸入されるようになりあちこちで見かけるようになった。しかしその当時のLEONARDバッグは一様に真ん中が割れて模様の入った部分が見える仕様だった。そのデザインがあまり好きではなかったので買わなかったのだが今頃になって偶然2点と違う場所で出会った。トランクは独特なサイドにでっぱりのついたもので、過剰装飾のきらいはあるが一生懸命作ったねえ、という感じ。中はピッグスキン。とにかく重い。もう一つは金具が露出した手提げバッグ。うまくまとめられている。
RIMG0001.JPGRIMG0004.JPGRIMG0006.JPGRIMG0005.JPGRIMG0002.JPGRIMG0003.JPGRIMG0008.JPGRIMG0013.JPGRIMG0009.JPGRIMG0010.JPGRIMG0014.JPGRIMG0011.JPGRIMG0012.JPGRIMG0015.JPGRIMG0016.JPGRIMG0019.JPGRIMG0021.JPGRIMG0018.JPGRIMG0017.JPGRIMG0022.JPGRIMG0024.JPGRIMG0023.JPGRIMG0025.JPGRIMG0027.JPGRIMG0028.JPGRIMG0030.JPGRIMG0026.JPGRIMG0031.JPGRIMG0033.JPGRIMG0038.JPGRIMG0035.JPGRIMG0037.JPGRIMG0034.JPGRIMG0039.JPGRIMG0040.JPGRIMG0041.JPG
posted by entotsu at 04:20| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする