2016年03月25日

TUMI,マスターピースバッグ

TUMIといえばもちろんバリスティックナイロンの黒いビジネスバッグが出てきます。だけど私はあのバッグはあまり好きではないので持っていません。革のビジネスバッグはいいんだけど値段が高いので買っていません。それがリサイクルショップでやけに凝った革のバッグが出ていてよく見たらTUMIでした。店の人も気が付かなかったのかめちゃ安。しかし作りは頑丈で丁寧。それにポケットが外に4つ、中には6つ、計10個もついているし、革の部分部分で革の模様を変えていて実に凝ってます。底の鋲も革でカバーしてあったりなかなか鞄好きをうならせます。おかげで鞄の重量はかなりですがTUMIは見直しました。
P3251152.JPGP3251154.JPGP3251155.JPGP3251157.JPGP3251158.JPGP3251156.JPGP3251167.JPGP3251166.JPGP3251163.JPGP3251162.JPGP3251165.JPGP3251168.JPGP3251169.JPGP3251164.JPGP3251161.JPGP3251160.JPG
こちらはマスターピースのショルダーバッグ。見ただけで鞄好きをくすぐるポケット配置。裏にもでかポケットショルダーのほかに取ってがついているけど本体がフニャフニャしているのでほとんど使えない。ちょっと蛇足気味。本体に直接つける形式の方が使いやすい。革の質感はなかなか好みなんだけどとにかく骨格がないのでフニャフニャ動くため書類などの整理ができないし口があまり開かないので書類運搬には向かず。また携帯入れの留め具のフックは一度使っていたらどこかに外れて無くなっていた。整理が難しいのとやたら革自体が重いのでまあ僕には使いにくいね。ショルダーが重さの割には細いのでかなり方に食い込む。
P3251171.JPGP3251175.JPGP3251170.JPGP3251172.JPGP3251174.JPGP3251173.JPGP3251170.JPGP3251177.JPGP3251176.JPGP3251179.JPGP3251182.JPGP3251181.JPGP3251180.JPGP3251178.JPGP3251183.JPG
posted by entotsu at 22:28| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

上野の森美術館アートスクール水曜夜間の合評会とお別れ会

上野の桜はまだ1部咲きだけど、すでに提灯が張られ、お花見の人も結構な人手になってきた。
P3231001.JPGP3231002.JPGP3231003.JPG
水曜教室の合評会です。なかなか力作が多かった。生徒さんから出た話ではやったことない、描きにくい緊張感が集中力が出てよかったんじゃないかというお話。作品をご覧ください。
P3231070.JPGP3231072.JPGP3231075.JPGP3231074.JPGP3231071.JPGP3231073.JPGP3231076.JPGP3231064.JPGP3231061.JPGP3231062.JPGP3231060.JPGP3231063.JPGP3231068.JPGP3231069.JPGP3231057.JPGP3231059.JPG
それで、今回来てくれていたモデルさんは2年半前にイギリスに渡り大学院でシェークスピアを勉強して向こうで演劇の役者として働くつもりがビザが延長できず一時帰国してモデルを再開。それが今度はポーランドの演劇舞台にエントリーしていたのが採用になり今日が最後のモデルになった。モデルさんの強い希望で巨匠の座頭市を見たいという声に応え合評会のあと座頭市が披露された。
P3231087.JPGP3231088.JPGP3231096.JPGP3241112.JPG
posted by entotsu at 03:28| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

上野の森美術館アートスクール火曜昼、夜間、合評会

今日は火曜昼と夜間の今期の最終授業で昼は自由制作50号の最終日。夜間は凹凸のあるパネルに裸婦を描くがテーマ。最初に昼教室の大作50号を見てください。製作期間は6週間。
P3220978.JPGP3220975.JPGP3220977.JPGP3220976.JPGP3220974.JPGP3220980.JPGP3220979.JPGP3220983.JPGP3220981.JPGP3220982.JPG
こちらは夜間の凸凹あるパネルの作品。凹凸によって画面の緊張感が出てなかなかうまくまとまったと思います。
P3220986.JPGP3220984.JPGP3220985.JPGP3220987.JPGP3220988.JPGP3220989.JPGP3220990.JPGP3220993.JPGP3220994.JPGP3220992.JPGP3220991.JPGP3220995.JPGP3220996.JPG
こちらは私が一緒に描いた作品
P3220997.JPGP3220998.JPG
こちらはグリザイユ技法の説明のために描いた鹿の骨
P3220999.JPGP3221000.JPG
posted by entotsu at 03:16| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする