2016年05月14日

マルティナカポーニ、ソメス、ラシットのバッグ

マルチナカポーニはトスカーナの鞄メーカー。ビンテージ風レザーを得意にしている。このバッグもちょっと難しい落としどころで、なかなかうまいところで作ってある。ともすれば安っぽくなる作りを重めにまとめているから重量もあって安っぽくない。内装のつくりも丁寧。日本人好みでは無いようで掃きだめ売りの中にあった。気の毒だけどねえ。
P5130051.JPGP5130053.JPGP5130052.JPGP5130054.JPGP5130056.JPGP5130055.JPGP5130057.JPGP5130058.JPGP5130059.JPG
こちらはソメスサドルのショルダー。馬具メーカーとしてブランドイメージを作っている割には革が薄くつくりも貧弱。フラップはカーブに無理があるので引っかかってカクント開く感じ。内装には内貼りがなく革の裏面をそのまま使っている。内装ポケットは布張りでこだわりがない。馬具メーカーのこだわり?は感じられない
P5130063.JPGP5130061.JPGP5130062.JPGP5130064.JPGP5130060.JPGP5130063.JPGP5130066.JPGP5130065.JPGP5130062.JPGP5130061.JPGP5130064.JPGP5130065.JPGP5130072.JPGP5130067.JPGP5130070.JPGP5130071.JPGP5130069.JPGP5130068.JPGP5130073.JPGP5130074.JPG
posted by entotsu at 03:31| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする