2016年05月31日

DONALD J PLINERのバッグ、イギリスのバッグ、ビュレ。

リサイクルショップは知ってるものは高いけど知らないものは安い。この方程式が堪えられません。さて今回は結構よい革を使って縫製もしっかりしているバッグがずーっと売れなかったらしく、どれでも500円コーナーに並んでいた。気の毒になって買って来て調べたら靴がメインの有名デザイナーでアメリカで直営店を6件ほど各都市に持っている。どういう経緯でこれがこのリサイクルショップにたどり着いたのかは興味があるがこの靴ブランドの愛用者が鞄も手に入れて使っていたけど飽きて手放したという感じかしら。内装は汚れているので結構使っていたのかも。油切れしてるのでたっぷりあげなくちゃ。
P5300087.JPGP5300089.JPGP5300088.JPGP5300092.JPGP5300091.JPGP5300090.JPGP5300094.JPGP5300093.JPGP5300101.JPGP5300099.JPGP5300100.JPGP5300086.JPG
 こちらのメードインイングランドばっぐはこの形だから日本のものだと思って見たら口金を開けた下にでっかくイングランドと書いてあった。ほとんど使われておらず。たいへん綺麗。しかし口金の内側にショルダーの金具をつける接着剤があちこちにはみ出ていてファイロファックスを彷彿とさせますね。いつぐらいのものなのか、どうしてここに来たのか興味がありますね。
P5300072.JPGP5300074.JPGP5300073.JPGP5300082.JPGP5300076.JPGP5300078.JPGP5300079.JPGP5300080.JPGP5300075.JPGP5300083.JPGP5300084.JPGP5300085.JPG
こちらは同じく500円コーナーに出てたビュレ。なんだろうねえ相当売れたから数が出てきてるけど使ったものは使い込みの感じが出すぎて新品の方が売れるのかなあ。僕は好きなんだけどね。
P5300064.JPGP5300063.JPGP5300062.JPGP5300066.JPGP5300065.JPGP5300071.JPGP5300068.JPGP5300070.JPGP5300067.JPGP5300069.JPG
posted by entotsu at 00:43| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする