2016年07月17日

上野の森美術館アートスクール火曜昼講座

火曜昼の今回の課題は分割された下地に裸婦を描くで、以前は分割を3つくらいにしていたのだが、この頃生徒さんの力量が上がって、バックに下地を残したままの書き込みができるようになってきたので今回はかなり細かく分割をした。
P7050622.JPGP7050623.JPGP7050626.JPGP7050624.JPGP7050621.JPGP7050625.JPGP7050627.JPGP7050628.JPGP7050620.JPG
これは私のアプローチ
P7120798.JPGP7120802.JPG
posted by entotsu at 00:02| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

本郷さん形見のバッグとア・テストーニ

個展の時に名古屋から見に来てくれた名古屋教室の本郷さんが「これ手土産替わりですが母の形見です。」と言ってバッグをくれた。いくらなんでも形見はまずいでしょ、戴くわけにはまいりませんと言ったら「母はまだ生きてますので大丈夫です」ということで戴いた小さなクロコのハンドバッグである。細かなところまで丁寧に作り込まれている逸品で、内部ポケットの内側にはピッグスキンが張られている。当時は相当したものでしょう。ただいつ頃の幾つの時の?などと聞けないので年代は不明。
P7110763.JPGP7110766.JPGP7110765.JPGP7110767.JPGP7110768.JPGP7110764.JPGP7110770.JPGP7110769.JPGP7110771.JPGP7110772.JPGP7110773.JPGP7110774.JPGP7110776.JPGP7110778.JPGP7110777.JPGP7110775.JPG
こちらはア・テストーニのバッグ。ア・テストーニのバッグはブランドとみなされてないのか凝った作りのフィレンツェ製品にもかかわらず、リサイクルショップではどこでも値段が安い。これもこの作りで1200円は無いでしょ。未使用。結構凝った作りでフラップを開けると蛇腹状にポケットが開く。ストラップは下で留めればハンドバッグ、横で留めればショルダーになる。
P7110794.JPGP7110789.JPGP7110792.JPGP7110787.JPGP7110791.JPGP7110790.JPGP7110788.JPGP7110781.JPGP7110782.JPGP7110785.JPGP7110779.JPGP7110786.JPGP7110784.JPG
posted by entotsu at 01:08| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

上野の森美術館アートスクール火曜、水曜夜間シュールリアリズム

火曜水曜夜間の課題は黄金下地にシュールリアリズム作品を描くでした。要するにあり得ない状況を通して目に見えない世界を表現する事ですがそのまま大作で使えるような作品もあって、普段は見れない隣人の心模様が新鮮に感じられましたね。
P7130877.JPGP7120821.JPGP7120822.JPGP7120827.JPGP7120823.JPGP7120824.JPGP7120825.JPGP7120828.JPGP7120826.JPGP7120829.JPGP7120830.JPGP7130859.JPGP7130861.JPGP7120832.JPGP7120833.JPGP7130860.JPGP7130857.JPGP7130858.JPGP7120831.JPGP7130870.JPGP7130862.JPGP7130871.JPGP7130863.JPGP7130869.JPGP7130867.JPGP7130868.JPGP7130879.JPGP7130880.JPG
posted by entotsu at 03:13| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする