2016年08月10日

ゼロハリとゴールドファイル

エースの鞄博物館を取材してたくさんのゼロハリーバートンを見て、あれれ僕はゼロハリ使ったことがなかった。ということでリサイクルで一番シンプルで安かったのを買ってきて使ってみている。しかし実に重い。創業時は兵器の運搬に使うためのケースだったという事で納得。とにかく頑丈だが、しかしリサイクルでは結構錠前が壊れているのを見るからここは弱点かも。しかし一番驚いたのはゼロハリはエースに買収されて現在はエースバッグのトランクの最高峰アイテムになっていたことだ。館長には、あなたこれは業界の常識でしょう、と言われたが今回の取材を通じて業界の常識が我々一般消費者は分からないという事だった。それも当然で我々には雑誌の鞄の宣伝しか情報源がないからで今後はその業界の常識を取材していきたいね。
P8100380.JPGP8100382.JPGP8100383.JPGP8100384.JPGP8100381.JPGP8100385.JPGP8100386.JPGP8100387.JPG
こちらは珍しいゴールドファイル。ほぼ未使用の美品だがさすがにブランド力が落ちているのか信じられない安さ。つくりは丁寧で内側もピッグスキンで丁寧な仕事がしてある。ハンドバッグだけど持ち歩きたい感じ。
P8100388.JPGP8100390.JPGP8100392.JPGP8100389.JPGP8100391.JPGP8100393.JPGP8100387.JPGP8100399.JPGP8100400.JPGP8100395.JPGP8100396.JPGP8100398.JPGP8100397.JPGP8100402.JPGP8100401.JPGP8100404.JPGP8100403.JPG
posted by entotsu at 03:47| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする