2016年10月26日

上野の森美術館でデトロイト美術館展やってます

この展覧会月曜、火曜日が写真撮影ができるんです。これは良いですよ。ピカソなんかも望遠で撮って拡大すると細かい技法が解ります。画集ではバックの背景の線は描いたものだと思っていたのが鶯色の下地に白をナイフで塗ってひっかいて出した線でした。子供の顔のタッチも丁寧に重ねられているのが解りました。やはりただものではないね。マチスのこのテーブルの上の花も画集では薄塗だと思っていたのがマットな艶消しで薄塗と厚塗りが混在していて全くイメージと違ってました。しかし何といっても美術館玄関前に飾られた実物大のリベラの壁画レプリカが凄いですよ。現地に行かないと見れないのがこれでイメージがつかめました。
PA250087.JPGPA250097.JPGPA250096.JPGPA250094.JPGPA250090.JPGPA250083.JPGPA250085.JPGPA250086.JPGPA250100.JPGPA250101.JPGPA250108.JPGPA250103.JPGPA250104.JPGPA250106.JPGPA250105.JPGPA250107.JPG
posted by entotsu at 03:22| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

美の壺出ました。

21日の7時半からBSプレミアムで「旅鞄」の壺の1でヌメ革が飴色に染まるところで300点集めた部屋でごちゃごちゃとしゃべりました。鞄の本も紹介してくれました。現在「鞄が欲しい」文庫本は絶版。「鞄の達人」はあります。「鞄談義1」は極わずか残り、「鞄談義2」はたくさんあります。「鞄の達人」は書店で買えます。エイ出版社です。「鞄談義」はフェルマー出版に申し込みになります。町工場本家の方に「フェルマー出版」のリンクを張りましたのでそこからお申し込みください。
今回の映像はかなりの暗がりで撮影しているように見えますが3週間ほど前にこのブログで紹介してますが撮影は昼間です。明るい室内での撮影ですが、相当映像加工して作っているんだなあと思いました。鞄は5時間半ほどかけて20点以上ふたを開けたり、ひっくり返したり念入りに撮影していってましたがほとんど使われていませんでした。小林鞄がメインで出ましたが一番出たのがヘルツのバッグでしたね。
PA220036.JPGPA220038.JPGPA220052.JPGPA220044.JPGPA220047.JPGPA220046.JPGPA220048.JPGPA220049.JPGPA220054.JPGPA220056.JPGPA220060.JPGPA220064.JPGPA220061.JPGPA220065.JPGPA220070.JPGPA220072.JPGPA220073.JPGPA220076.JPG
来週の火曜木曜に再放送があるようなので興味ある方はご覧になってください。
posted by entotsu at 00:50| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

スケッチ旅行の写真整理

スケッチ旅行の写真の整理を少しづつやってます。5000枚ほどあるのでどれをプリントするのかが大変。毎年の旅行で撮ってきた写真が万年筆画教室の題材になるので今月中にはまとめたいと思っています。
スケッチ旅行では3連泊など一か所に長期滞在が基本なので長く居ることで出会える風景もあります。この豪雨上がりのプロチダ島はなかなか見られません。
PA190013.JPGPA190012.JPG
晴れてるとこんな感じ
PA190005.JPG
古い街並みは細部が面白いです。日本ではなかなか見られません。
PA190020.JPGPA190003.JPGPA190004.JPGPA190001.JPGPA190002.JPG
積み重なる街も日本では見れません。
PA190008.JPGPA190010.JPGPA190009.JPGPA190007.JPGPA190011.JPGPA190006.JPG
あとは食事が美味い。ワインも日本には輸入されてない極上のものが2000円くらいで飲めるのでポリフェノールで健康になれます。ナポリピザは生地が違ってましたね。日本のは膨らみすぎているようです。
PA190014.JPGPA190017.JPGPA190019.JPGPA190018.JPGPA190016.JPGPA190015.JPG
posted by entotsu at 03:36| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする