2016年11月19日

デトロイト美術館展

現在上野の森美術館でデトロイト美術館展をやっているが月曜火曜のみ写真撮影が許可されている。それで前回ミラーレスで作品を撮ってきたのだがもうひとつ鮮明でないので再度フルサイズの一眼レフ で撮ってきて教室で講義をしている。ゴッホの絵の具は新聞紙でチューブから出した絵の具を油抜きした後サンシックンドリンシードオイルで練り直してパレットに出して使っている。絵の具の付き方から考察すると大体3回で描き切っている。近代絵画の作家でもっとも技法的にしっかりしていて保存状態が良いのがゴッホとルソーでゴッホにはミスタッチが無く描き直しがない。完璧に描き切っている。天才ですなあ!この緊張感を持続したら肉体は耐えられず早く死にますよ。
PB180727.JPGPB180728.JPGPB180729.JPG
ミジリアーニは昔傾倒してモジリアーニ風の絵を描いていたのだが目は後からアオを塗っていた。ところがそうするとどうしてもモジリアーニみたいにならないのでどうしてかなあ?と思っていたのだが今回接写してみて初めて顔の下地に水色を塗っていて目の部分は下地の色を残して顔を塗っていたのが分かった。いままで気が付かなかった。
PB180743.JPGPB180744.JPG
最初の2点はクールベの裸婦である。人体の下塗りに銀灰色を塗ってその上に肌色を塗って影の部分は下地を残しているのが分かる。
PB180734.JPG
PB180732.JPGPB180733.JPG
なんとこの技法をルノアールがしっかりパクッテ使っているのが分かります。
PB180730.JPGPB180731.JPG
ドガのこの絵の人物の襟の部分が下地を塗り残していたことなど接写で初めてわかりました
PB180741.JPGPB180742.JPG
ピカソの塗り方
PB180735.JPGPB180736.JPGPB180737.JPG

posted by entotsu at 00:03| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする