2016年12月16日

名古屋吹上骨董市

パソコンのインターネットがようやく復旧。突然繋がらなくなるから怖いねえ。
さて、先日名古屋の教室に行った時に吹上の骨董市に行ってきました。吹上の骨董市は3回目。名古屋の骨董市は関東に比べてまず値段が安い。特に陶器物は豊富で安い。流石に合戦の宝庫だった環境だから刀剣類が豊富で変なものも多数売っていて面白い。内容は年々様変わりしてゆくようで今年は絶対欲しい!というようなものが少なかった。去年良いなあと思っていたものは無く、やはり出物は見た瞬間に手に入れないとチャンスは来ないね。
今回買ったのは5点。総額で1万5千円だからまあ、かなり安いね。
まずは江戸時代の旅をする時に帯に挟んで丸薬を入れておいた「早道」鹿革で作られていて薬を入れておく円筒形の筒は金属。
IMG_0603.JPGIMG_0604.JPGIMG_0606.JPGIMG_0608.JPGIMG_0609.JPG
こちらは明治初期のビゴーが描いているバッグ。ガラクタの中に無造作に転がっていたので「おじさん、この汚いバッグ、取っ手も取れてるけどいくら?」「じゃあ千円で良いよ」東京じゃあもう見なくなって、たまに出ると1万くらいとられる。
IMG_0610.JPGIMG_0611.JPGIMG_0615.JPGIMG_0612.JPGIMG_0614.JPGIMG_0613.JPGIMG_0616.JPGIMG_0626.JPGIMG_0618.JPG
こちらも明治の絨毯バッグ。信玄袋と一緒で底が2つ折りになって携帯性が良い。
IMG_0619.JPGIMG_0621.JPGIMG_0627.JPGIMG_0629.JPGIMG_0630.JPGIMG_0628.JPGIMG_0625.JPGIMG_0624.JPG
こちらは海軍らしい腰付バッグとショルダーバッグ。かなり程度の良いもので革もまだ生きてる。
IMG_0584.JPGIMG_0585.JPGIMG_0586.JPGIMG_0587.JPGIMG_0589.JPGIMG_0591.JPGIMG_0590.JPG
こちらはショルダータイプ。フラップにバッジが残っているのは珍しい
IMG_0593.JPGIMG_0594.JPGIMG_0595.JPGIMG_0596.JPGIMG_0597.JPGIMG_0599.JPGIMG_0598.JPGIMG_0600.JPGIMG_0601.JPGIMG_0602.JPG
posted by entotsu at 03:18| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

鉄道員バッグ、サンダックのトート

名古屋教室の甲斐さんから珍しいものでたよ、ということで鉄道員バッグを戴いた。マークが機関車の車輪マークなので、これはどうしても鉄道員でしょうということで検索をかけたが一致する画像が見つからず。デッドストックで使われていた形跡はないが革が割れているので25年以上はまえのものかしら?ちなみに油を入れたら吸うわ吸うわで相当長いこと油切れしていた。作り方は量産ものでシンプルだが必要十分な強度を確保している。力のかかる部分にはビスや金具で補強してある。面白いのは仕切りが幅が調整できるようになっていること。フラップの裏側に信号旗を留めるベルトが付いている。実用で長い間量産されていたものは学ぶことが多い。
PC091271.JPGPC091274.JPGPC091272.JPGPC091275.JPGPC091273.JPGPC091276.JPGPC091277.JPGPC091280.JPGPC091283.JPGPC091282.JPGPC091279.JPGPC091281.JPGPC091278.JPG
こちらはサンダックのミニトートショルダー。アメリカ西海岸のCOENというブランドが作っている。生地は高密度コットンと呼ばれるなかなか質感の良い帆布。作りもうまくて丸まる感じの縫製が曖昧なところがない。ポケットなども凝っていて日常使いのリーズナブルな価格設定もあってなかなかいいんじゃないでしょうか。
PC091284.JPGPC091285.JPGPC091290.JPGPC091291.JPGPC091287.JPGPC091286.JPGPC091289.JPGPC091288.JPG
posted by entotsu at 03:57| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

上野の森美術館アートスクール水曜夜間合評会

今日は水曜夜間の11月作品の合評会。今回のポーズは椅子の背に肘を乗せて体重をかけて少し前かがみになるので正確に形をとるのが難しく、これに結構時間を取られたが下地のコラージュの助けもあって描いたところとそのまま残したところの差がしっかり出て画面に張りがあるのが良かった。火曜日と同じでモデリングのやり方が身についてきて立体感が基本に忠実に出せるようになってきている。
PC071257.JPGPC071258.JPGPC071260.JPGPC071261.JPGPC071263.JPGPC071262.JPGPC071259.JPGPC071265.JPGPC071264.JPGPC071270.JPGPC071268.JPGPC071269.JPGPC071266.JPGPC071267.JPG
posted by entotsu at 03:40| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする