2016年12月05日

ドゥーニーアンドバークの今。BPの悲劇

ドゥーニーアンドバークのすでにオールウェザータイプではない現在のラインナップのミニトート。見ただけで吐き気が来るような自社の伝統を無視したデザイン。手抜きの組み立てと剥がれ落ちるコバ。なんでこうなってしまったんでしょうねえ?メダルも安っぽいプレートに変わってます。
PC051239.JPGPC051240.JPGPC051242.JPGPC051246.JPGPC051243.JPGPC051241.JPGPC051248.JPGPC051244.JPGPC051245.JPGPC051247.JPG
さてもう一つはBPのバッグ。当時日本では珍しい型押しで硬いシェルを作り一世を風靡したバッグ。しかし今では知る人もなく未使用デッドストックで500円です。硬くて融通は利かないがポリシーがあったね。
PC051250.JPGPC051249.JPGPC051251.JPGPC051252.JPGPC051253.JPGPC051254.JPGPC051256.JPGPC051255.JPG
posted by entotsu at 23:44| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牛久教室新モデルの描きだし。上野の森美術館アートスクール万年筆画

牛久教室で今週から12月で新しい作品を描く。今回の僕の下地はジェッソで刷毛で凹凸を付けた作品。この日の授業が終わってからのまかないはなんと爆安売りしてた松茸を入れた焼きそば。野菜はワサビ菜。これが結構松茸の味がしっかりして良かった。
PC010921.JPGPC010923.JPGPC010903.JPGPC010904.JPGPC010907.JPGPC010908.JPGPC010918.JPGPC010919.JPGPC010920.JPG
こちらは上野の森美術館アートスクール万年筆画の制作風景ですが、この頃大作に取り組む人が多く。それも枚数を重ねているので無駄がない。アクリルや和紙、色鉛筆を使った混合技法なのだがだいぶ手馴れてきました。
PC030963.JPGPC030966.JPGPC030965.JPGPC030964.JPG
posted by entotsu at 02:59| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする