2016年12月09日

鉄道員バッグ、サンダックのトート

名古屋教室の甲斐さんから珍しいものでたよ、ということで鉄道員バッグを戴いた。マークが機関車の車輪マークなので、これはどうしても鉄道員でしょうということで検索をかけたが一致する画像が見つからず。デッドストックで使われていた形跡はないが革が割れているので25年以上はまえのものかしら?ちなみに油を入れたら吸うわ吸うわで相当長いこと油切れしていた。作り方は量産ものでシンプルだが必要十分な強度を確保している。力のかかる部分にはビスや金具で補強してある。面白いのは仕切りが幅が調整できるようになっていること。フラップの裏側に信号旗を留めるベルトが付いている。実用で長い間量産されていたものは学ぶことが多い。
PC091271.JPGPC091274.JPGPC091272.JPGPC091275.JPGPC091273.JPGPC091276.JPGPC091277.JPGPC091280.JPGPC091283.JPGPC091282.JPGPC091279.JPGPC091281.JPGPC091278.JPG
こちらはサンダックのミニトートショルダー。アメリカ西海岸のCOENというブランドが作っている。生地は高密度コットンと呼ばれるなかなか質感の良い帆布。作りもうまくて丸まる感じの縫製が曖昧なところがない。ポケットなども凝っていて日常使いのリーズナブルな価格設定もあってなかなかいいんじゃないでしょうか。
PC091284.JPGPC091285.JPGPC091290.JPGPC091291.JPGPC091287.JPGPC091286.JPGPC091289.JPGPC091288.JPG
posted by entotsu at 03:57| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする