2017年01月16日

カキモリ新顔料インク

オリジナルインク作ってくれるカキモリのインクスタンドがインクの供給が出来なくなって閉鎖されていたのがなんとすべて顔料インクになって再開される。全部で14色で今趣味文からテストサンプルが来たのだが、なんとこれすべて混色が可能なのでかなり好みの色調に変えることができる。凄いのは色がなかなか濃いのだ。濃いと当然詰まるリスクが高くなるがこれはどうでしょう。ちょっと使い込んでみます。あとはMETEORITEという色がこれ、グレイなのだ。グレイは悲願でしたがこれで絵画の幅が進歩します。またSOIL BROWNと言う色はセピアなのだがこれも濃いのでかなり使えそうです。顔は最初にMETEORITE,次にSMOKEY BLACK、顔の色味はHARBEST GOLD、頬と唇はDARUMAの以上4色
P1161660.JPGP1161659.JPGP1161661.JPGP1161665.JPGP1161664.JPGP1161666.JPGP1161667.JPGP1161668.JPGP1161669.JPG
この2本はSOILBROUNとHARVESTGOLDである。P1161676.JPGP1161677.JPGP1161678.JPG
posted by entotsu at 00:35| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

クロッキー雑感

上野の森美術館アートスクールの僕の教室では半年に4週クロッキーをやっている。デッサンや固定ポーズを描く勉強は基本的に3次元空間を作り出す面をつくる勉強である。これはどちらかと言うと西洋美術から入ってきた考え方なのだが美大のカリキュラムもその思想から作られている。そのため線の勉強は軽視されてクロッキーなどカリキュラムにほとんど入ってない。しかし日本人の感性はどちらかと言えば線の遺伝子を継承している。だからクロッキーはしっかり勉強して新しい自己表現の糧にしてもらいたいと思っている。今期もそれぞれの教室で1カ月にわたって生徒さんたちが様々なアプローチをして自分の線を進化させているのは見ていて実に面白い。
P1101652.JPGP1101650.JPGP1101651.JPGP1101645.JPGP1101646.JPGP1101649.JPGP1101643.JPGP1101644.JPGP1101634.JPGP1101633.JPGP1101635.JPGP1101623.JPGP1101615.JPGP1101612.JPGP1101617.JPGP1101614.JPGP1101613.JPGP1101618.JPGP1101609.JPGP1101610.JPGP1101622.JPGP1101621.JPGP1101628.JPGP1101629.JPGP1101608.JPGP1101619.JPGP1101607.JPG
こちらは僕の10分ポーズの時に作り置きしたコラージュキャンバスに描いた作品
P1101648.JPGP1101647.JPGP1101656.JPGP1101655.JPG
posted by entotsu at 03:01| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

森山さんの823でのクロッキー

パイロットの823シリーズを物々交換で森山さんに様々に研いでもらったのがある。そのうちの一本でこの透明軸は極太から細字まで角度によって太さが変わるように研いでもらったものだ。今ではこんなに手に負担のかかる手の込んだものはお願いできないから、まあこれは時代の中の宝物である。しかしクロッキーの様に2分半くらいで描く線は極細から超極太まで出るフデデマンネンや極細から中字くらいは表現しやすいのだがこのペンの様に細字から太字の幅で作品を描くのは結構至難の業でどうしてもサインペンの太さくらいあるので線のエッジがでない。まあそれでも今回は気合を入れて臨んである程度の表現には持って行けたのでヨーーーシヨシヨシ、と言う感じ。ペンから新しい表現を導き出されることは多い。万年筆の表現はこれからですけどね。
P1071573.JPGP1071574.JPGP1071570.JPGP1071569.JPGP1071568.JPGP1071572.JPGP1071567.JPGP1071566.JPGP1071559.JPG
posted by entotsu at 04:37| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする