2017年03月07日

ちょっとちょっとガッカリペンジャケット

伊東屋がペンテルのプラペンに着せて重量と軸まわりを太くする金属軸のペンジャケットを作った。太くて重いのは大好きなのでこの新製品には狂喜乱舞で早速2本購入した。万年筆でこの軸まわり、大きさ、重さで同じようなものを探すとペリカン1000のスターリングシルバーバージョンのマルガリータになる、納得。赤。青、白、黒の4色があるが黒と赤を購入。しかし使うのはもっぱら大好きな赤。常時首下げポシェットに入れて持ち歩いていたら、ある日クリップが取れていた。部屋の捜索で見つかったがなんとも簡単な構造。要するにキャップに取り付ける部分が下に突起がありまずここを下に差し込んで上は押し込んで嵌めてるだけ。だからクリップを開く方向の力には強いが、ポケットにクリップを指していて前から押されてペンボディに下への圧力がかかると外れるのである。これで100年の恋も冷めてがっかり。しかしこのペンジャケット売れに売れてるようで現在在庫なし。2月下旬か3月には再入荷の予定という事だから買おうと思っていたんだけど現在がっかりが続いてる。もう少しきちんと考えてほしいよねえ。
P3070092.JPGP3070093.JPGP3070095.JPGP3070094.JPGP3070097.JPGP3070096.JPG
posted by entotsu at 01:21| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする