2017年03月27日

QBLASHのバッグとMODUPUNINCIPS

MODUPNINCIPSはフィレンツェのバッグメーカーだけど、当然の様にメードインチャイナ。面白いのはその取っ手の付け方。普通左右の側面に平行に付けるけど、これは左右を跨いで付けてある。こうすると出し入れしにくいのだが底面の形が正方形に近いので案外邪魔にならずにモノの出し入れができる。内貼りの布も綺麗。底にポケットがあって、これは隠しポケットでお金を入れるのかと思ったらSUIKAなどのカードを入れて底を付ければ通れるらしい。日本ではあまり一般的じゃないのでイタリアではこういうの多いのかしら?
P3270496.JPGP3270498.JPGP3270497.JPGP3270499.JPGP3270495.JPGP3270500.JPGP3270501.JPGP3270504.JPGP3270505.JPGP3270503.JPGP3270502.JPGP3270506.JPGP3270509.JPGP3270508.JPGP3270510.JPG
こちらはプレートを見ても読めない。BLASU BLASHのようにもQBLASHのようにも見えるが解らない。ところが店でも分からなかったらしく激安で出てたんだけれども革が触ってみたらカーフで手触りが良いんです。だから結構重さがある。作りもデザインもしっかりしているから高いんじゃないかしら?
P3270514.JPGP3270512.JPGP3270511.JPGP3270515.JPGP3270513.JPGP3270517.JPGP3270521.JPGP3270518.JPGP3270522.JPGP3270520.JPGP3270519.JPG
posted by entotsu at 23:57| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川金ペン資料写真

写真の資料在庫が膨大な数になり、何とか少しづつ整理している。その中に石川金ペンを取材したときの写真が出てきた。「万年筆の達人」ではページ数の関係から初代の伊太郎氏、2代目の清作氏の写真、3代目の雅敏氏の写真も多くは載せられなかった。石川金ペンを知る貴重な資料なので載せます。まず伊太郎氏の写真です。
P3270466.JPG
次は2代目清作氏
P3270474.JPGP3270475.JPGP3270463.JPG
こちらは3代目雅敏氏中国に将校として従軍した写真が多くあります
P3270464.JPGP3270467.JPGP3270462.JPGP3270468.JPGP3270479.JPGP3270480.JPG
こちらは戦前の石川金ペン
P3270476.JPG
雅敏氏自筆の資料
P3270477.JPGP3270469.JPGP3270470.JPGP3270473.JPGP3270472.JPGP3270471.JPGP3270478.JPG
posted by entotsu at 02:59| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする