2017年04月03日

極私的ボールペン事情その2

この前ボールペン事情1で使っているボールペンを出したんだけど、出し忘れているの出てきたので気の毒なので出します。一応7本です
P4030632.JPG
えーとこちらはもし使っている人が居たら相当年配ですね。40年前のウオーターマンのウオータミナゴールドボールペンです。
P4030633.JPG
こちらはダンヒルのボールペン。金属繰り抜き軸なので結構重い。キャップが置くまでスーーーっとはいるのが良いんです。
P4030635.JPG
これはラミーのペルソナボールペン。万年筆のデザインの方が好き。
P4030637.JPG
こちらはポルシェデザインのボールペン。振ると芯が出て、また振ると引っ込む。結構やりにくい。しかし重くて小さくて作りが良いので憎めない。
P4030634.JPG
これはノーブランドのペンだけどデザインが好き。このデザインで万年筆作りたかった。
P4030636.JPG
posted by entotsu at 22:55| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAMPERバッグとFURLA

一時期CAMPERの革靴が好きで履いていたのでお店はちょくちょく覗いていたのだが、ある時革鞄が展示してあった。それは靴と同じような厚革を使ったショルダー付きブリーフケースで数種類の色違いの革が縫い合わせてあるもので見て触って気に入った。しかし高いのである。確か3万円台だった。それで諦めていたらそのシリーズは無くなってしまった。それが5年以上前だった。それがリサイクルショップに正にその鞄が出ていて、さらに店の人は内側にブランドロゴが無いのでブランドとは気づかず持ち手の芯材が切れて曲がっているので捨て値で出ていた。早速連れて帰ってきて油を入れて使ってみます。5種類の違った革を組み合わせて縫製してあり結構凝ってます。
P4030602.JPGP4030603.JPGP4030611.JPGP4030606.JPGP4030608.JPGP4030604.JPGP4030607.JPGP4030609.JPGP4030612.JPGP4030610.JPGP4030614.JPGP4030615.JPGP4030613.JPGP4030616.JPG
さてこちらはFURLA。ここのデザイナーの仕事は実に丁寧に考え抜かれているので好きである。しかしこのたびショップでブチ捨て値で投げてあった。可哀そうにと抱きかかえて中を見ると、なんと!また、アレです。ウレタンです。中はべたつき剥がれが始まっていました。取りあえずウレタン使用証拠物件として取り押さえてきました。「FURLAおまえもか!」と言う感じです。革は良い感じなんですけどねえ。
P4030617.JPGP4030618.JPGP4030619.JPGP4030621.JPGP4030623.JPGP4030620.JPGP4030624.JPGP4030625.JPGP4030630.JPGP4030626.JPGP4030631.JPGP4030627.JPGP4030629.JPG
posted by entotsu at 03:15| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする