2017年05月30日

金崎さんの筆記具修理工房

金崎さんが独立して修理工房を立ち上げた。私が「万年筆の達人」でドイツ万年筆の若きコレクターとして紹介した金崎さんが、あの時誰が修理マイスターになる事を予想できたろうか?現在どんな万年筆でも修理の相談に乗ってくれるところはほとんどない。ましてや若手の金崎さんが轆轤で壊れた部品を自作できることを生かしてアンティークの修理から軸のカスタマイズ、書き味の調整までオールマイティーにこなしてくれるのだから今後の万年筆界をけん引してゆく大きな力になる。今回ペントレーディング会でお会いしたので5本の修理をお願いした。ほとんどインク漏れ修理とキルクの交換である。すべてインク漏れで困っていたので治ってきて小躍りした。
これは酒井さんのダンヒル並木の軸に森山さんのペンとペン芯、調整は長原父と正に世に一つしかない3人のコラボレーションペンである。この復活は嬉しい。蒔絵は西原氏にお願いしたもの。
P5301765.JPGP5301766.JPGP5301767.JPGP5301768.JPG
こちらは大橋堂植原さんから万年筆くらぶの木村さんが買ったものを戴いたセーフティー。
P5301769.JPGP5301770.JPGP5301771.JPGP5301772.JPGP5301773.JPG
こちらは大正時代の石川金ペン、パーレイ万年筆。
P5301775.JPGP5301776.JPGP5301777.JPG
これが出所が分からない?ステンレスペンインク止め。
P5301780.JPGP5301779.JPG
こちらはユーロボックスの藤井さんからもらったオノト型ペン先はヘンケルの刻印あり。マークはインチキヘンケル。ペン先調整は幸夫ちゃん。
P5301781.JPGP5301785.JPGP5301783.JPG
posted by entotsu at 03:05| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

オーギャラリー個展のDM出来上がってきました

もう、この丸まる人間見るだけで吐きそうになってますが描きこみを続けています。今回も新しい取り組みなので問題山積していちいちどうするか考えながら進めていますが、しんどいですが勉強にはなります。DMも出来上がってきました。詳しくは本家の方に掲載してますのでご覧ください。
P5291757.JPGP5291752.JPGP5291754.JPGP5291755.JPGP5291753.JPGP5291758.JPGP5291760.JPGP5291761.JPGP5291762.JPGP5291763.JPGP5291764.JPG
posted by entotsu at 03:55| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

上野の森美術館アートスクール火曜、昼夜のローラー下地作品

ローラー下地は今回初めてやってみたんだけど、なかなか皆さんいつもと違う色調に戸惑いながらも試行錯誤を楽しんでいる。こちらは僕の作品のアプローチ。筆の描きこみと並行してローラーもバックに使っている。
P5231605.JPGP5231606.JPGP5231608.JPGP5231607.JPGP5231609.JPGP5231610.JPGP5231611.JPG
posted by entotsu at 03:58| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする