2017年06月06日

絵画用ファルカン、他

万年筆の線を実にうまく捕まえてくれるのが満須屋の原稿用紙で僕はお願いしてクロッキー様に全紙の4分割のモノを売ってもらっている。だから僕のクロッキーの紙はこの満須屋の原稿用紙になるのだが、これにフル八ルターの森山さんに研いでもらったパイロットファルカン823の絵画用万年筆は紙に触れたとたん「あーーーーー」という感動が来るのだ。これは他の筆記具ではありえない。研ぎ澄まされた調整を施された万年筆のみがいたる境地がある。万年筆こそが未来に開かれたデーターでは測りえない究極の筆記具なのである。取りあえず極細からウルトラ極太まで表現できる線を見てください。
P6032238.JPGP6032237.JPGP6032239.JPGP6032231.JPGP6032232.JPGP6032233.JPGP6032234.JPGP6032235.JPGP6032236.JPGP6032243.JPGP6032240.JPGP6032242.JPG
さてこちらは万年筆結社ワーグナーの、しろう、さんが研いだイタリック体のスティピュラ、フォッコを使った絵画用万年筆。これで個展の作品を描いています。
P6042244.JPGP6042246.JPGP6042245.JPG
さてこちらは前出のインド万年筆のゴアを、しろう、さんが絵画用にしてくれたものですが、かなり使えるいい感じだったのが次第にインクの吹き出しが激しくなり、この頃はキャップトップからまでインクが噴出し使うたびに手が真っ黒になります。
P6042252.JPGP6042253.JPGP6042250.JPGP6042249.JPGP6052254.JPGP6052256.JPG
posted by entotsu at 02:37| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

KUIPO,ポーター、モラビトバッグ

珍しいポーター。初めて見た。吉田鞄もいろんな事やってるんだなあと思うが、作りもそつなくポケットも凝ってやっているがガツンと言う魅力がないのだ。歴史に残る逸品こそ今作ればいいのに。この頃フラッグシップの無さが残念でしょうがない。モノ作りは割り切り分数でやってはいけないのだ。
P6022213.JPGP6022215.JPGP6022218.JPGP6022216.JPGP6022217.JPGP6022214.JPGP6022219.JPGP6022220.JPGP6022221.JPGP6022222.JPG
こちらは最初アンナスイかと思ったらKUIPOという日本のメーカーでした。まあそつなく量産仕様で作っているがけっこう丁寧に作っているし口金ショルダーは僕の好きな仕様なのでつい買ってきた。
P6022205.JPGP6022206.JPGP6022208.JPGP6022211.JPGP6022212.JPGP6022210.JPGP6022209.JPG
こちらはモラビト。なんだかビニールバッグと勘違いしているらしく700円で売ってた。天下のモラビトですけどビニールバッグと勘違いされるのも分からないではない。
P6022224.JPGP6022223.JPGP6022225.JPGP6022226.JPGP6022228.JPGP6022227.JPGP6022229.JPG
posted by entotsu at 03:40| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

上野の森美術館アートスクール火曜昼教室合評会と女流展

ローラー下地作品の合評会。下地がかなり派手なスタートだったので新しい展開もあって、自分の今まで使ったことのない色での仕上げで得るものが多かった。
P5301809.JPGP5301810.JPGP5301812.JPGP5301811.JPGP5301808.JPGP5301807.JPGP5301803.JPGP5301801.JPGP5301804.JPGP5301805.JPGP5301800.JPGP5301799.JPGP5301795.JPGP5301798.JPGP5301797.JPGP5301792.JPGP5301796.JPG
それから今年の女流協会展で生徒さん2人渡辺さんと菊池さんが受賞した。こちらが渡辺さんの作品。
P5301822.JPGP5301823.JPGP5301825.JPGP5301824.JPGP5301826.JPG
こちらは菊池さんの作品で昨年に続いての連続受賞で会員推挙になった。
P5301820.JPGP5301821.JPG
posted by entotsu at 04:32| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする