2017年06月20日

虫籠バッグと魚籠

これは大内宿に行った帰りに会津若松七日町の満田屋で田楽をたべたときに寄った骨董屋で見つけた虫籠バッグと魚籠。虫籠バッグは最初店のオヤジはこれ素人丸出しだから塗りも作りもまあ、素人だねえ!と言っていたのが買うと言ったとたん、これはなかなか出物がないし、これ漆塗りだから結構値段はるんだよ!と言い出したので、裏に値段1800円て、書いてあるよ、あんた、大体この塗りが漆なわけないでしょ!と言ったら、「あれーそうだねえ、あれえ、拭き漆化と思ったんで、まあ1800円かな!、」と言った虫かごバッグ。まあ珍しいよ。
DSC03000.JPGDSC03001.JPGDSC03007.JPGDSC03003.JPGDSC03006.JPGDSC03005.JPGDSC03004.JPGDSC03008.JPGDSC03010.JPGDSC03009.JPG
こちらは編み込みで作った魚籠、これもオヤジに買うと言ったら急に、これ編み込みだからねえ結構値段はるのよ、珍しいからねえ、というので、またふたを開けて中に1800円て書いてあるよと言ったら、ああ、破れもあるし、お客さん目が高いよと言うので、いやこの値段で文句あるなら2つともいらないよ!と言ったらお客さん目が高いからー!を繰り返していた。
DSC03011.JPGDSC03012.JPGDSC03013.JPGDSC03015.JPGDSC03014.JPGDSC03017.JPGDSC03021.JPGDSC03020.JPGDSC03018.JPGDSC03019.JPGDSC03016.JPGDSC03022.JPGDSC03023.JPG
posted by entotsu at 00:36| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする