2017年07月18日

デルタ飛びました

ドルチェビータで知られるイタリア、ナポリの万年筆メーカーが倒産です。オレンジ軸でパルテノン神殿の柱を思わせることでセンセーショナルなデビューを飾ったデルタは、美しい軸のイタリア万年筆の代表選手でした。しかも発売当初はモンブラン146並みの太軸で3万円台後半で買えたから、それはそれは売れました。代理店のダイアモンドが1本ずつ検品して書き味の良いバラツキの無いようにして売ったのが功を奏しました。しかし相次ぐ値上げでもはや高級万年筆となってしまい売り上げが落ちていったようです。
 しかし僕もデルタはいろいろ持ってますが、もう修理は出来ません。これは大変なことですよ。ゴムチューブの吸入式はゴムがダメになりますので定期交換が必要です。デルタファンは受難の年になります。僕は昨年ポンペイを1年かかりましたが修理しておいたのが良かったですわ。さてオマスに続きデルタが倒産。イタリア万年筆地すべりは大丈夫でしょうか?
こちらは僕のドルチェビータとポンペイ
P7181227.JPGP7181228.JPGP7181229.JPG
こちらは往年のデルタの広告
P7181231.JPGP7181230.JPGP7181233.JPGP7181235.JPGP7181232.JPGP7181234.JPGP7181236.JPGP7181237.JPG
posted by entotsu at 00:55| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

牛久煙突絵画教室合評会

牛久教室の合評会である。モデルさんがTさんなので本当に面が見やすい。おかげさまで生徒さんの皆さんの立体感の進歩が著しい。
P7131217.JPGP7131221.JPGP7131220.JPGP7131222.JPGP7131218.JPGP7131223.JPGP7131219.JPG
こちらは僕の作品。Tさんのおかげで大変勉強になりました。新たな課題が目白押しですがおかげさまで相当解決したことが多かった。人生勉強ですなあ。
P7131223.JPGP7131224.JPGP7131225.JPGP7131226.JPG
posted by entotsu at 01:55| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

KURTBAG,アイグナー他

KURTBAGはリサイクルでよく見かけるがフライターグの廉価版物まねの域を出ず。作りも安っぽくて見向きもしなかったが、ついに形が非対称で500円で出てたので買ってみた。よく見ると案の定手抜きにしか見えず残念。中に折り曲げている部分を外に出して量が多く入るようにしてあるのかと思ったら蓋が閉まらない。
P7090557.JPGP7090558.JPGP7090559.JPGP7090562.JPGP7090561.JPGP7090560.JPGP7090564.JPGP7090563.JPGP7090565.JPGP7090576.JPGP7090577.JPGP7090575.JPG
こちらはドイツの老舗アイグナーのミニショルダー。この体たらくは何でしょう?ドイツの誇りも何もありはしない。革も酷けりゃ、内装もカス。布地は接着剤で留めたのが剥がれている。中国発注でしょう。僕が30年前にケルンで購入したショルダーを見せてあげたい。
P7090545.JPGP7090547.JPGP7090546.JPGP7090550.JPGP7090549.JPGP7090554.JPGP7090552.JPG
これはKENZOかと思ったら、なんとノーブランド。KENZOのただの真似だがなかなかそれっぽい。内装にふっくらしたキルティング素材を使っているのが良かったんでしょう。縫いはただの洋服縫いなので使えばすぐ壊れるでしょう。色が良いんだよね。
P7090543.JPGP7090544.JPGP7090542.JPGP7090537.JPGP7090540.JPG
こちらはポーターミニショルダー、しかし全幅の信頼を置いていたポーターのゴム被せがボロボロ剥がれてくるのを目の当たりにしてポーター信頼激下降中。
P7090578.JPGP7090579.JPGP7090581.JPGP7090582.JPGP7090584.JPGP7090585.JPGP7090583.JPGP7090580.JPG
posted by entotsu at 00:12| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする