2017年07月07日

将校バッグと歩兵リュック

このバッグは第二次大戦の陸軍の将校梱から軍服と旗とバッグとセットになって出てきたものなので、このかばんは陸軍の将校のショルダーに違いないとの事。軍服と旗と梱を見せてほしいと頼んだが、すでに売れたとの事。なかなか保存状態が良くカビも無し。セットで見たかったけどねえ。
P7060503.JPGP7060504.JPGP7060506.JPGP7060507.JPGP7060508.JPGP7060505.JPGP7060509.JPGP7060510.JPGP7060514.JPGP7060512.JPGP7060513.JPGP7060515.JPGP7060516.JPGP7060511.JPG
こちらは歩兵のリュック。継だらけで過酷な行軍状況が分かるが、ここに存在しているのだからオーナーは生存して帰ってきたのだろう。こんなリュックで戦わなければならなかった人たちはどんな辛酸を舐めたのか想像ができない。唯一開口口に木辺が残るが本来は骨格として四角に組んだ木枠がハマっていたはずである。このバックを見るだけで様々な情景が浮かんでくる。生き証人である。
P7060517.JPGP7060518.JPGP7060519.JPGP7060520.JPGP7060524.JPGP7060521.JPGP7060523.JPGP7060526.JPGP7060525.JPGP7060531.JPGP7060527.JPGP7060530.JPGP7060532.JPGP7060529.JPGP7060528.JPGP7060533.JPGP7060534.JPG
posted by entotsu at 23:51| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする