2017年08月05日

万年筆談義、撮影万年筆選び2

2週間後に「万年筆談義」に取り上げる万年筆の撮影があるため、選定を急がなければならず、あたふたと選んでいる。初めのころの夢は梅田晴夫氏が自著のカラーページに載せていた大型ペン先を持つアンティーク万年筆を使ってみることである。これらの万年筆を集めるのに3年くらいかかったかなあ。当時はネットもユーロボックスもないから足で探すしかなかった。
下から、パイロットエリート、シェーファーライフタイムジェードグリーン。パーカービッグレッド(長原父により裏クロス仕様になっている)ウォーターマン100年ペン、シェーファーライフタイムストレート、パーカーデュオフォールドセルロイド。です。うっとりするペン先たちです。
P8052508.JPGP8052516.JPGP8052510.JPGP8052513.JPGP8052512.JPGP8052514.JPGP8052511.JPGP8052515.JPGP8052517.JPGP8052518.JPGP8052520.JPGP8052521.JPGP8052519.JPGP8052522.JPG
posted by entotsu at 01:00| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする