2017年10月18日

モンテフリオの写真

モンテフリオについてもう少し詳しい情報を聞かれましたので撮ってきた写真を載せます。モンテフリオはアンダルシア地方の田舎町でグラナダから車で高速を使って1時間半ほど。公共交通機関は無く、車をチャーターして行くしかありません。グラナダはオスマントルコがキリスト軍によって最後に陥落した都市ですが、モンテフリオは最前線の要塞都市として最後まで奮戦しました。当時の城壁はすべて崩れ落ちて丘の上の教会のみ残って居ますが教会としては使われておらず、観光資料館になっています。特産物はオリーブ。兎に角乾燥した痩せた大地でオリーブしか育ちません。グラナダ周辺は肥沃な大地で植物が育ってますが山に入ると一面オリーブのみ。
PA181114.JPGPA181115.JPGPA181109.JPGPA181110.JPGPA181112.JPGPA181111.JPGPA181113.JPGPA181116.JPGPA181118.JPGPA181117.JPGPA181119.JPGPA181124.JPGPA181126.JPGPA181121.JPGPA181123.JPGPA181125.JPGPA181122.JPGPA181120.JPGPA181128.JPGPA181127.JPGPA181130.JPGPA181129.JPGPA181132.JPGPA181131.JPG
posted by entotsu at 02:53| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

PASSEGGIのバッグとBUTI

このPASSEGGIのバッグはスウェードのバッグで有名なイフタ?なんとかの注文で作ったものらしい。なんかこれなかなか使い易そうで作りには高級感は無いけれどバッグ好きな人のデザインの感じがする。持ち手なんかも良い感じですよ。全くブランド扱いされてなくて500円。あんまりですよねえ。色彩も面白くてなかなか凝ったバッグです。
PA161064.JPGPA161065.JPGPA161066.JPGPA161070.JPGPA161068.JPGPA161067.JPGPA161072.JPGPA161071.JPGPA161069.JPGPA161073.JPGPA161077.JPGPA161075.JPGPA161074.JPGPA161079.JPG
こちらはイタリアトスカーナの鞄メーカーBUTIの大型エルメス真似ケリーと言う感じだけど、とにかくでかい。日本では売ってないので現地で買って持って帰ってきたのかしら。しかしこんなでかいバッグ、軽くハンドバックのケリーの4倍はある。あとは馬車にでも乗らなければ使いようがない。しかし流石に伝統がないとこんな大きなバッグを厚い革では作れない。本店では売ってたのかねえ?謎の多いバッグである。
PA161076.JPGPA161078.JPGPA161075.JPGPA161077.JPGPA161081.JPGPA161082.JPGPA161086.JPGPA161083.JPGPA161085.JPGPA161084.JPGPA161087.JPGPA161088.JPGPA161094.JPGPA161093.JPGPA161090.JPGPA161089.JPGPA161091.JPGPA161096.JPGPA161097.JPGPA161095.JPGPA161092.JPGPA161098.JPG
posted by entotsu at 00:16| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

スペインスケッチ僕の作品

スペインスケッチ旅行で僕が描いたのが21枚。8日間の旅行日程で絵が全日描けるのが3日、半日が2日なので計4日で描いたのだが、合評会や、ロケハンで結構時間を食うので正味3日半くらい。こちらがモンテフリオ。
PA131041.JPGPA131048.JPGPA131050.JPGPA131049.JPGPA131053.JPGPA131052.JPGPA131054.JPGPA131051.JPGPA131056.JPGPA131057.JPGPA131055.JPG
こちらがグラナダ
PA131045.JPGPA131042.JPGPA131046.JPGPA131040.JPGPA131043.JPGPA131044.JPGPA131059.JPGPA131060.JPGPA131058.JPG
この子供の写真はモンテフリオで写真だけ見ると可愛らしいガキンチョに見えるんだけど、この2人でかいスピーカーをリュックに入れてラップを大音響で鳴らして自転車で爆走する悪ガキなんです。それが僕の所に来てスペイン語で「僕はうんちとおしっこが大好きです」みたいなことを何度も復唱させられて、そのたびに2人は笑い転げるということを繰り返したわけです。描いてやると言ったら素直にモデルになったのがこの絵。自分の脇に名前が書いてあります。
PA131063.JPGPA131062.JPGPA131047.JPG
posted by entotsu at 02:16| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする