2017年12月31日

プラチナ、プロッピー1000万本越え

プロッピーが販売本数1000万本を突破したそうである。200円の定価でイリジウムが付いて結構書ける万年筆という事で万年筆画の生徒さんにもカーボンインクカートリッジがそのまま使えるので勧めていた。感心するのはキャップのなかのバネが付いたシールドで、これでホントにインクが乾かない。パイロットのカクノが入門万年筆市場を拡大したが、その前の地ならしをプロッピーがやっていたのかもしれない。
 それで文具店を覗いたら、なんと、プロッピーの極細タイプが出ていた。それが400円になっていて流石に極細は手が掛かるのかしら、と思っていたら細字、中字も300円に値上がりしていた。まあ、それはしょうがないでしょう、これで300円、400円ならどうも有難うです。それで早速字幅比較をしてみたら、確かに細くなってます。
PC313075.JPGPC313077.JPGPC313076.JPGPC313082.JPGPC313084.JPGPC313078.JPGPC313079.JPGPC313080.JPGPC313093.JPGPC313096.JPG
PC313085.JPG
しかしここで気になるのがプラチナのデスクペン昔のペン先から変わって最新のペン先は、なんとプロッピーと同じペン先なんです。しかし、値段はカーボンペンで800円。ちょっと、カーボンペン高いんじゃないの、と、思って比較してみたらカーボンペンの方がさらに細くて書き易かった。カーボンペン高いだけあるかも。
PC313088.JPGPC313089.JPGPC313094.JPGPC313092.JPGPC313095.JPG
さらに1年以上前のインク入れっぱなしのプロッピーが出てきたので書いてみたら書けました。凄いわプロッピー。
PC313083.JPGPC313086.JPG
posted by entotsu at 02:13| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする