2018年02月15日

LAMAFのバッグと銀座タニザワのバッグ

LAMAFはミラノのメーカーなんだけど結構凝ったものを作る。このバッグもサイドを硬い芯材を入れてカーブを作るなど手が込んでいる。でもブランド認知されてないので表牛革、内貼りもピッグスキン使っているのに捨て値でした。しかししっかり作って或る分かなり重く女性には厳しいだろうなあ。面白いんだけどね。定価では買わないだろうなあ。
P2150386.JPGP2150387.JPGP2150388.JPGP2150390.JPGP2150389.JPGP2150391.JPGP2150392.JPGP2150393.JPGP2150395.JPGP2150394.JPG
まあ、懐かしい。銀座タニザワのバッグです。これもあまりブランド扱いされないようで未使用にもかかわらず捨て値でしたね。しかしこの革は使い込むとあまり良い経年変化をせずボロボロになります。コバはゴム塗料が塗ってあるだけ。こういうバッグは何処がOEMで作ってるんだろう。タニザワではイギリスから輸入しているバッグ、タスティング社だったかなあ、は良い革使っていて好きなんですけどね。
P2150396.JPGP2150398.JPGP2150397.JPGP2150400.JPGP2150399.JPGP2150401.JPGP2150402.JPGP2150403.JPGP2150404.JPGP2150405.JPGP2150406.JPGP2150407.JPGP2150408.JPGP2150409.JPGP2150410.JPG
posted by entotsu at 03:56| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする