2018年03月15日

上野の森美術館アートスクール火曜水曜夜間は年に一度のコスチューム

教室のカリキュラムはモデルさんは基本裸婦でやっているのだが、たまにはコスチュームを描きたいという生徒さんのご要望に応えて年に1度はやっています。今回は「鹿鳴館コスチュームを描く」をテーマに前回の下地作りで作ったインパクトドリッピングに和紙を張ったキャンバスに描いているのですが、下地を残して見せる為新聞紙のスタンプでバックを描いています。下地が透けて見えるように何層か重ねて試行錯誤しています。
P3141885.JPGP3141886.JPGP3141884.JPGP3141887.JPGP3141878.JPGP3141881.JPGP3141879.JPGP3141883.JPGP3141882.JPGP3141888.JPGP3141889.JPGP3141890.JPGP3141891.JPG
posted by entotsu at 02:53| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

趣味文記事

今回の僕の連載は4ページでこのためにフルハルターの写真を撮りに行ってからエイ出版の経営する飲食店での取材になった。清水編集長がワインとウイスキーを差し入れてくれたため男3人の取材はエスカレートしてダークサイドトーク満載のとても記事に出来ない内容のやたら面白い取材になった。帰ってから録音を聞くと素面でも面白すぎて大笑いして記事が進まない。面白いんだけど歴史の闇に沈むんだろうなあ。
 さて今回のイラストは鉛筆のみである。色を入れるとどうしてもビンテージ感が出ないのでモノクロにした。しかし一応記録画像としての意味もあるので絵にしながら正確に描きこむのはヤタラメったら時間が掛かった。鉛筆と言っても使ったのはシャープペンシルで0.2ミリはオレンズ。これ微妙な調子を描くには重宝する。あとは0.5 0.7 0.9ミリである。しかし芯のクオリティーが高くなったねえ。これからは重さと重心バランスの進展を望みます。
P3121670.JPGP3121671.JPGP3121673.JPGP3121674.JPGP3121672.JPGP3121676.JPGP3121677.JPGP3121678.JPGP3121681.JPGP3121682.JPGP3121680.JPGP3121679.JPGP3121684.JPG
こちらは清水さんのページ。森山スペシャルの記録画像である。
P3121685.JPGP3121686.JPG
posted by entotsu at 00:52| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

FURULAのボタンバッグとロビタのバッグ

FURULAのデザイナーはなかなか面白い大胆なデザインをするので好きなのだが、これも面白かったねえ。冬物のジャケットのボタンの下にジッパーが付いている。まあ、ボタンを閉めるのは面倒だから開けて使うデザインなんだろうけど楽しいね。内側に粗目のフィニッシュの革を選ぶところはさすがのデザインセンスですね。
P3111649.JPGP3111648.JPGP3111647.JPGP3111650.JPGP3111645.JPGP3111644.JPGP3111651.JPGP3111653.JPGP3111654.JPGP3111652.JPGP3111655.JPGP3111656.JPG
こちらはロビタのアニリンレザーバッグ。カナダのO183?だっけ?あの薄いけど丈夫なレザー。開口部の口の処理が上手い。金の鋲打ちなどなかなか凝っています。粘っこい質感が魅力だね。この革使ってデザインしたいね。
P3111659.JPGP3111657.JPGP3111667.JPGP3111668.JPGP3111661.JPGP3111664.JPGP3111662.JPGP3111665.JPGP3111666.JPGP3111669.JPGP3111658.JPGP3111663.JPG
posted by entotsu at 02:10| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする