2018年06月25日

アン・クレイン2体とCLEMENTS RIBEIRO

アン クレインのバッグデザインはなかなか面白い形を作るのと細部まで行き届いているのが好きである。今回の2点は特別魅かれた作品ではないが両者とも500円投げ売りコーナーにあったので気の毒で連れて帰ってきた。最初の棒釣り型のバッグはエレファント革で丈夫なのにフラップを留めるのが磁石なのがどうにも嫌です。
P6150934.JPGP6150936.JPGP6150938.JPGP6150935.JPGP6150937.JPGP6150939.JPGP6150940.JPGP6150942.JPGP6150945.JPGP6150946.JPGP6150944.JPGP6150941.JPGP6150943.JPG
P6150895.JPGP6150897.JPGP6150896.JPGP6150899.JPGP6150898.JPGP6150901.JPGP6150900.JPGP6150902.JPG
こちらはCLEMENTS RIBEIROのバッグ。感心するのは取っ手のデザインが凝りに凝っていて、これでもかというくらい取っ手が目立つのだが、おかげで使い勝手は良くなくて重さがやたら目ったら重い。厚手の革でポケットも作ってあるのでさらに重さが増し、老婆心ながら女性でこの重さを持ち歩く人が居るのかしらと感心大であります。心意気は大好き
P6150903.JPGP6150904.JPGP6150907.JPGP6150905.JPGP6150906.JPGP6150914.JPGP6150911.JPGP6150908.JPGP6150912.JPGP6150916.JPGP6150918.JPGP6150917.JPGP6150920.JPGP6150919.JPG
posted by entotsu at 22:44| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする