2018年10月17日

フェンテ交流会参加

今年でフェンテ25周年で「フェンテの25周年の意味するモノ」という講演をでべそから頼まれてやってきたけど、スケッチ旅行の準備と帰って来てから新学期の準備で満足な時間が取れず、でべそにはちょっと気の毒な事をした。まあ、そのうちしっかり総括したいと思います。
 それで今回は2日目からの参加だったんだけど、早速ラストルムさんに2本フデマン化してもらった。この5000円のプラチナ森さんが褒めるだけあってインク流動も潤沢でなかなかいいよ。モンテグラッパはインクの引きが弱く呼吸困難を引き起こし問題あり。
PA140516.JPGPA140517.JPGPA140519.JPGPA140518.JPGPA140521.JPGPA140527.JPGPA140528.JPGPA140526.JPG

こちらはでべその最新ペン画作品。上手くなりましたよ。2点売れてました。欲しい方はでべそに連絡を。1点8000円だって。
PA140529.JPGPA140530.JPGPA140532.JPGPA140533.JPGPA140534.JPGPA140531.JPG

こちらはバザー品
PA140536.JPGPA140540.JPGPA140535.JPG
PA140562.JPG

今回のバザーでは僕が手に入れたのはウォーターマンのウォータミナシリーズの1本。35年位前のものかな?流石にペンのしなりが良くて昔の強弱が出るペンです。
PA170668.JPGPA170669.JPGPA170670.JPGPA170672.JPG

最後は大宴会。富樫さん差し入れの豪華ワインが勢ぞろい。
PA140575.JPGPA140581.JPGPA140580.JPGPA140578.JPGPA140577.JPGPA140576.JPGPA140574.JPGPA140573.JPGPA140568.JPGPA140572.JPGPA140571.JPG
PA140570.JPGPA140565.JPG
不思議なのは2次会で手に入れた中華万年筆。やたら重い。万年筆文鎮クラブ認定重量品。凄いのはこれ1本1500円。しかし1本は森さんが調整したものでめちゃくちゃ書きやすい。中華万年筆進化してます。
PA170675.JPGPA170678.JPGPA170679.JPGPA170676.JPGPA170677.JPGPA170680.JPGPA170681.JPG
posted by entotsu at 03:45| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする