2018年12月31日

パイロットURUSIの事など。

万年筆談義に執筆者3人の対談を入れることになり、それを、でべそがまとめた文章が送られてきた。今、校正加筆をしているんだけど対談の中で僕がやたらパイロットURUSIを褒めているのだ。そういうことを言った自覚が無かったので何でだろうと考えたら、どうやら対談した少し前に、ようやく手に入った喜びからそういったことになったらしい。それでもう一度パイロットURUSIとは何かを考えるうえでパイロット70周年記念、これは柔らかい万年筆本来の書き味を復活させたものだがマニア絶賛するも、筆圧高く使いこなせない一般人からクレーム殺到!それで次の80周年記念では硬さを戻した。URUSIはこの70周年の書き味を筆圧高めでも対応できるように考えられたものだと思うけど、今回URUSI、70周年、80周年を書き比べてみると確かにURUSIと70周年の筆跡はそっくり。では、URUSIと70周年では70周年になるかなア?
 まず、URUSI,80周年、70周年の筆跡です。
PC311902.JPGPC311903.JPGPC311904.JPG
PC311910.JPGPC311911.JPGPC311906.JPGPC311907.JPGPC311908.JPGPC311909.JPGPC311912.JPGPC311913.JPGPC311914.JPG
PC311915.JPG
では、その特徴をもう少し分かりやすくするためにURUSIのペン先をモンブラン149と比べてみると、ペン先端からエラの部分まではURUSIが長くペンの厚みも薄いので柔らかいペンだという事が解る。しかし切り割の長さは149の方が長い。このあたりの計算は難しいね。
PC311916.JPGPC311917.JPGPC311918.JPG
posted by entotsu at 03:19| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

ロビタバッグと、うそっこロビタバッグ

インドネシアで作らせているロビタバッグはよほど売れてるみたいで、何処のリサイクルに行っても棚に並んでいる。ブランドの宣伝文句には革の熟練工が作っていると書いてあるが、それほど熟練を要するようなものには見えない。さて出回っているせいでロビタのリサイクル値段が下降している。このバッグも売れなかったらしく、あるいは貰ったけど全然使わなかったのでリサイクルに出したようで全くの未使用にしか見えない。形は横長でポケットが両端についている。僕はこういう冒険形が好きなので安いのもあってつい買ってきた。
PC281881.JPGPC281880.JPGPC281882.JPGPC281883.JPGPC281886.JPGPC281888.JPGPC281889.JPGPC281890.JPGPC281891.JPG
こちらはロビタだと思って、やたら安いので買って来たら、うそっこロビタでした。比べてみると流石にロビタの方が格段にしっかりしている。ロビタデザインは面白い部分もあるんだけどクオリティーは望めないので、それをどのように今後のデザインに繋げていくのかが興味があります。この頃完全に飽和してますね。。
PC281892.JPGPC281893.JPGPC281894.JPGPC281896.JPGPC281897.JPGPC281895.JPGPC281899.JPGPC281898.JPGPC281901.JPGPC281900.JPG
posted by entotsu at 00:10| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

ECCOバッグ、コーチバッグ

ECCOは居合わずと知れた靴のメーカー。履きやすい柔らかめの革で作る靴は人気です。そのECCOはバッグも店に置いていて、これが風合いのある革で良いんです。縫製も流石靴のメーカーだけあって立体裁断が上手でなかなか魅力的なのですが、なにせ高い。そんなわけで持ってなかったんだけどリサイクルに出てた。しかしこのバッグの持ち手はバッグの両端にあり持ちにくいったらありはしない。普通に持って歩くと体の側面に沿うのではなく直角に当たる。だから握り手を90度回転させて持つ必要があるが持ちにくい。それでいろいろ試して分かったのが女性持ち、つまり肘に通して持てば行けるけど男は困るよ。女性用なのかしら。作りは魅力的なんですけどねえ。
PC271836.JPGPC271838.JPGPC271840.JPGPC271839.JPGPC271837.JPGPC271842.JPGPC271849.JPGPC271844.JPGPC271848.JPGPC271846.JPGPC271847.JPGPC271845.JPGPC271850.JPGPC271851.JPG
さてコーチは僕はオールドコーチファンなので厚手のグローブレザーが好きなんです。この頃の薄っぺらくなったコーチは好きではありませんが定点観測は続けてコーチの末路を観察しています。そのコーチが少し前から良い革をトッピング的に部分使用し始めています。オイルレザーの厚手の革をコラージュ的に使うのですが、このバッグでは取っ手や口部分にぜいたくに使っています。おかげで触り心地が良いのです。そろそろ数多あるブランドの中で生き残り戦略として打ち出したのだとすれば良いものが出来てくればいいなあ。
PC271852.JPGPC271853.JPGPC271854.JPGPC271858.JPGPC271857.JPGPC271856.JPGPC271855.JPGPC271861.JPGPC271860.JPGPC271868.JPGPC271862.JPGPC271864.JPGPC271863.JPGPC271866.JPGPC271859.JPGPC271867.JPGPC271865.JPG
posted by entotsu at 02:32| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする