2019年01月16日

上野の森美術館アートスクール火曜昼は糸張り下地

糸張り下地というのはやったことが無い。それも思いついたのが半年前だから当たり前なのだが使い方によってはかなり面白いよ。授業では20号シナベニヤパネルに糸を貼り、ジェッソを塗って、その上にグレースープを掛ける。今回は僕のは乾かなかったので、モデルを描いてからバックに掛けた。今回はフェルメール衣装のモデルさんである。
P1152485.JPGP1152486.JPGP1152488.JPGP1152492.JPGP1152493.JPGP1152494.JPG
今回のポーズ候補は4ポーズ、これから床座りが選ばれた。
P1152499.JPGP1152497.JPGP1152498.JPGP1152500.JPG

こちらは今日僕が描いたモデル
P1152495.JPGP1152496.JPG
posted by entotsu at 03:23| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

フェール・ラーヴェンのバッグ。

ブックオフでたまたま、ニコル兄貴が表紙になってるHUNTという雑誌を見つけた。アファンの森で語る会が終了してもう8年になるので、その間ニコル兄とは会っていない。大病して入院したり、娘さんの事件があったりで心配していたけど、痩せて杖はついてるけど元気そうだった。
 その本の特集にスウェーデンのアウトドアメーカーのフェール・ラーヴェンの記事があった。このメーカーの有名なリュックは知っていたけど、全く興味が無かった。しかし記事ではスウェーデンの国民的バッグであり、質実剛健、機能性抜群と書いてある。それがリサイクルショップでこれもたまたま見つけて1300円だったので買ってきた。ところがこのバッグ普通の店で見たら11000円もした。作りは裏を返してみると切り方も縫いも雑で、袋縫いもされておらず、これで丈夫なのかね?という感じ。このバッグの形態はカンケンと言われてるもので代表的な形でもあり、当初は子供の通学用バッグとしてデザインされたものだそうだ。日本で作って売ったら4500円くらいじゃなにの。と思うが、とりあえず使ってみます。
P1132476.JPGP1132481.JPGP1132482.JPGP1132477.JPGP1132478.JPGP1132479.JPGP1132480.JPGP1132461.JPGP1132465.JPGP1132466.JPGP1132467.JPGP1132464.JPGP1132468.JPGP1132470.JPGP1132472.JPGP1132474.JPGP1132469.JPGP1132471.JPGP1132473.JPGP1132475.JPG
posted by entotsu at 23:44| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

AIPバッグとマークジェイコブスバッグ。

このAIPのバッグはやたらクラシカルに凝っているので海外のメーカーかと思っていたら列記とした日本のメーカーでした。革にも拘っているようで質感が良い。ブランド的にはリーズナブルな価格帯なのでこのバッグも中古価格で800円だったのは少々気の毒。発想は面白いんです。
P1072295.JPG
P1072296.JPGP1072297.JPGP1072298.JPGP1072299.JPGP1072300.JPGP1072302.JPGP1072301.JPGP1072303.JPG
P1072306.JPGP1072308.JPGP1072307.JPG

こちらはマークジェイコブスのバッグ。ビニールなんだけどエイジングの雰囲気が上手い。これでも未使用。布が結構厚手で重く鞄全体は重量がある。ポケット等卒なく仕上げられているが、これと言った面白味は無い。
P1072309.JPGP1072310.JPGP1072312.JPGP1072311.JPGP1072313.JPGP1072316.JPGP1072318.JPGP1072315.JPGP1072320.JPGP1072319.JPGP1072325.JPGP1072324.JPGP1072323.JPGP1072322.JPGP1072321.JPG
posted by entotsu at 00:37| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする