2019年10月31日

牛久教室合評会

牛久教室10月の作品合評会。今回のポーズは床すわりで曲げた足の上に手を置くオーソドックスなポーズだが手が伸びて足が曲がっているのをそのように見えるように描くのは結構難しい。それでも今回は皆さんなかなか奮戦しました。
DSC04042.JPGDSC04044.JPGDSC04045.JPGDSC04043.JPGDSC04046.JPGDSC04047.JPG
こちらは僕の作品。腕の重量感を出そうと奮戦しているうちにべとべとになってしまいました。2回目くらいからやりすぎましたね。もっとあっさりアプローチするべきだった。下地が板でちょっと暗い下地過ぎたなあ。
DSC04048.JPGDSC04049.JPG
posted by entotsu at 02:54| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

フェンテ交流会の戦利品

今回の戦利品はユーロボックスの藤井さんから1970年代のシェーファー金軸未使用2本。この万年筆の細身の固いけど滑らかな書き味が好きです。
DSC04113.JPG
こちらはワーグナーの台湾発注で作った限定モデル。鉄ペン軸。コンコルド仕様にペン先が調整されています。
DSC04112.JPG
これは森さんのブルー軸の談話室記念万年筆。持ってみると重みがあるので図ってみたら26グラム。従来のセーラープロフィットと比べると従来のものは24.5グラムなのでちょっと重く、比べてみると丸みがついてキャップの長さが長くなっていた。これはこの頃のプロフィットがマイナーチェンジしたからかしら?
DSC04116.JPGDSC04117.JPGDSC04115.JPGDSC04114.JPGDSC04118.JPG
こちらはラストルムさんから頂いたぱーかー45コンコルド。このペン芯が実によいそうです。確かに描いてみるとスラスラヌルヌル。
DSC04109.JPGDSC04110.JPGDSC04108.JPG
さてこちらは杉山さんが見せてくれた。万年筆博士の田中さんが最後の最後に作った万年筆3本。ふっくらもっこら型がたどり着いた最後の形です。
DSC04098.JPGDSC04102.JPGDSC04103.JPGDSC04099.JPGDSC04101.JPGDSC04100.JPG
posted by entotsu at 01:37| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

フェンテ2019万年筆交流会

今回のフェンテ交流会はでべそ会長の体調不良で会長が不在のまま行われる初めての会になりました。それでも会員相互協力バックアップで2日間とも盛況のうちに終了しました。まずは口腔外科画家の草間さんの似顔絵コーナー。1枚1000円です。
DSC04054.JPGDSC04056.JPGDSC04058.JPGDSC04069.JPGDSC04064.JPGDSC04060.JPG
こちらは森さんのペンクリ
DSC04051.JPGDSC04063.JPG
ラストルムさんにはヌードラーの力を加えるとペン先が開いて太い線が描けるフレックスペンが開くとインクが出てこないので修理を依頼したら、これは構造上開いてインクは出ないから、ほんの少しだけフレックスするのを楽しみなさいとのこと。
DSC04072.JPGDSC04074.JPG
今回の講演は次世代を担う万年筆職人、筆記具工房の金崎さんの講演です。
職人という立場から見る万年筆の職人交流のお話でなかなか知らないことも多く面白かったです。
2次会で見せてもらった金崎さん渾身のブルドック万年筆もよかったです。
DSC04084.JPGDSC04081.JPGDSC04085.JPGDSC04088.JPGDSC04106.JPG
こちらはバザー用品競りです。
DSC04090.JPGDSC04093.JPG
posted by entotsu at 02:58| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする