2020年01月14日

ダンヒル、トラサルディー、ノーブランドバッグ

このダンヒルは何時のものだろう?相当古いね。めちゃくちゃ使っているわけでも無いけど、そこそこ使った傷はある。しかし内装は奇麗なままなのであまり過酷に使ってはいないが、時間は立っていて油切れは激しい。昔のものらしく作りは丁寧でコンパートメントの開きなどは作りこまれた老舗の味。実用がないがしろにされてなかった時代の良きバッグという感じ。
P1130160.JPGP1130161.JPGP1130162.JPGP1130164.JPGP1130163.JPGP1130165.JPGP1130167.JPGP1130168.JPGP1130166.JPGP1130171.JPGP1130170.JPGP1130169.JPGP1130172.JPGP1130174.JPGP1130173.JPGP1130175.JPG
このトラサルディーは中々美味しい形を作ってます。この形好きなんだよね。全体のつくりもさらっとまとめていて、うまい!
ヌメ革の質感もいいし、ハンドル形状もよい。しかしこの側面の蛇腹形状を使ってモノをいっぱいにするとフラップが閉まらないから、まあファッション要素ですね。ちょっと持ち歩いてみたい。
P1130150.JPGP1130149.JPGP1130141.JPGP1130142.JPGP1130151.JPGP1130152.JPGP1130154.JPGP1130153.JPGP1130155.JPGP1130156.JPGP1130157.JPG
こちらはノーブランドのポシェット。簡単なつくりだけど、熟練を要します。革の取り付けもシンプルだけど凝っている。しかしほとんど使った形跡なし。味があるんだよねえ。
P1130138.JPGP1130137.JPGP1130139.JPGP1130140.JPG
posted by entotsu at 01:21| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする