2020年03月28日

上野の森美術館アートスクール火曜水曜夜間合評会

今回は以前に作った糸張りグレイかけ下地にモデルを描く授業です。張り巡らされた赤い糸の線はランダムでなかなか面白い形を作り出します。今回はその分割に助けられて人物のバックが皆さんなかなかうまく使えたようです。では作品をご覧ください。コロナの影響で休みが多いですが作品は中々中身が濃いです。
DSC05981.JPGDSC05982.JPGDSC05983.JPGDSC05979.JPGDSC05980.JPGDSC05978.JPGDSC05977.JPGDSC05976.JPGDSC05975.JPGDSC05965.JPGDSC05974.JPGDSC05964.JPGDSC05973.JPGDSC05967.JPGDSC05971.JPGDSC05966.JPGDSC05963.JPGDSC05961.JPGDSC05960.JPGDSC05957.JPGDSC05962.JPGDSC05958.JPGDSC05959.JPG
こちらは僕の作品
DSC05951.JPGDSC05952.JPGDSC05953.JPG
posted by entotsu at 00:39| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

シルバーレイククラブドデカトート、POLLINIボストン

何でしょう?よくこんなに大きな幅広トートを作りましたねえ?こんなもの作るかばん屋がいるんだと思ったら、シルバーレイククラブでした。リサイクルでだれも長い間買わなかったらしく値段が張り替えられて気の毒な値段で出ていた。こういうことやる会社僕は大好きですけどね。リサイクルに出ていたわけだし、使用感もあるので誰かが使っていたんでしょうねえ。ポケットは内側両サイドの幅広ポケットと、両端の細長ポケット。ここから発展させられれば大拍手だけど打ち止めだろうなあ。企画が通っただけでも偉かった。
DSC05816.JPGDSC05809.JPGDSC05811.JPGDSC05813.JPGDSC05810.JPGDSC05812.JPGDSC05814.JPGDSC05817.JPG
コチラはイタリアのPOLLINIのバッグ。中は書類入れでは無くワイシャツ押さえのようになっていて、まあ、出張バッグというところでしょうか。POLLINIのバッグは形は面白くて、まとめ方もうまいんだけど、写真のように型崩れがすぐくるのでファッションアイテム的な考えのほうが強いようです。ショルダーが付いてないので底値で出てました。ポケット内装は最初の小さなポケットのみ布地であとはビニール。
DSC05818.JPGDSC05819.JPGDSC05821.JPGDSC05815.JPGDSC05820.JPGDSC05825.JPGDSC05823.JPGDSC05822.JPGDSC05829.JPGDSC05827.JPGDSC05824.JPGDSC05826.JPGDSC05830.JPGDSC05828.JPG
posted by entotsu at 01:25| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

上野の森美術館アートスクール火曜昼の合評会

コロナの影響で欠席者が多いですが合評会を行いました。今回は自由制作6週の合評会です。万年筆画を1日1枚完成させてゆく生徒さんは6枚の作品が出来上がってます。50号の大作は公募展を意識して作り上げています。ところがまたカメラで撮ったものが数点写っていません。すみません。
 4月から新学期が始まります。この教室は絵画の基本の明暗法を裸婦を使って徹底して行う基礎徹底強化の教室です。絵を始めてみたい人、絵画をもう一度基本からやり直したい人に最適です。絵画が2次元ではなく3次元の表現ということがしっかりわかります。是非この機会に始められてはいかがでしょうか。
DSC05650.JPGDSC05649.JPGDSC05651.JPGDSC05648.JPGDSC05647.JPGDSC05646.JPGDSC05640.JPGDSC05641.JPGDSC05645.JPGDSC05644.JPGDSC05639.JPGDSC05642.JPGDSC05643.JPG
posted by entotsu at 00:16| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする