2020年04月20日

C・W・ニコル兄貴のアファンの森

ニコルさんが亡くなったのは東京の病院から自宅に帰って1週間後。東京ではコロナ騒動で面会謝絶の為誰とも会えず寂しかったようだが、黒姫では皆に再会して割合元気にしていたそうだ。最後に急変して長野の病院で亡くなった。79歳。お墓はアファンの森の中に作る予定だがコロナ騒ぎが収まってからになる。だから今でもニコルの兄貴はアファンの森の上をふわふわしてるんじゃないかという思いがあって、手を合わせに岩間さんと行ってきた。まずは信濃町のインターで降りて道の駅黒姫に行きました。何時もは駐車スペースが無いほど込み合っているのが、コロナでせいぜい10台くらい。それでも黒姫がしっかり見えました。
DSC06372.JPG
まずはニコルさんの書斎とジムです。なにせ空手7段ですからトレーニングは欠かしてませんでした。岩間さんが持ってきたウイスキーをお供えしてきました。
DSC06381.JPGIMG_1509.JPGDSC06394.JPGDSC06386.JPGDSC06396.JPGDSC06391.JPGIMG_1510.JPG
こちらはアファンの森の入り口。この木々のあたりにニコルさんは漂っていると思います。この時なんとブログ用のカメラが森の写真を撮ろうとシャッターを押しても撮れなくなりました。参りましたねえ。それで別のカメラで撮ったのですがこれもフル充電してきたのに5枚くらい撮ったら電池がなくなり、森は5枚くらいしか撮れませんでした。というわけでここから画質が落ちます、すみません。兄貴が亡くなった次の日にまさか折れるはずのない極太万年筆が真ん中から折れたり、なんか考えちゃいますねえ。
IMG_1518.JPGIMG_1516.JPGIMG_1519.JPGIMG_1520.JPG
アファンの森の会等で16年間お世話になった「たつのこ」に泊まりました。女将の武子さんとアファンの森をニコルさんと二人三脚で作り上げた松木さんも来てくれて「ニコル談義」に花が咲きました。秘話オンパレードで録音しておけばよかった。このペンションの中にはニコルさんの思い出が染みついています。
IMG_1528.JPGIMG_1530.JPGIMG_1526.JPGIMG_1524.JPGIMG_1529.JPG
posted by entotsu at 00:41| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする