2020年05月28日

数字シリーズ最後の詰め

個展に出す数字シリーズ6連作と100号作品を今月には完成しなければならないので、しんどい、しんどい最後の詰めに入っています。もうしばらくこの傾向の作品は描きたくないなあと思いながら追い込んでいますがまあ、しんどい。これで個展で売れて5億円くらい入るなら明るい人生になるんだけどなあ。また借金背負ったらいやだなあ。と身もだえしながら描いてます。
IMG_2358.JPGIMG_2363.JPGIMG_2359.JPGIMG_2364.JPGIMG_2357.JPGIMG_2353.JPGIMG_2354.JPGIMG_2362.JPGIMG_2350.JPGIMG_2352.JPG
posted by entotsu at 00:03| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

個展用の万年筆画17枚完成

もう、吐きそうですねえ。とにかく細かい。この傾向は年々エスカレートしているみたいで、今回は引きこもりで時間があったはずなんだけど今日まで掛かってしまった。兎に角疲れました。
IMG_2325.JPGIMG_2327.JPGIMG_2331.JPGIMG_2334.JPGIMG_2332.JPGIMG_2341.JPGIMG_2342.JPGIMG_2337.JPGIMG_2339.JPGIMG_2340.JPGIMG_2343.JPGIMG_2344.JPG
posted by entotsu at 23:51| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピナイダー、スーパーフレックスニブ

次回趣味文のテーマがピナイダーのスーパーフレックスニブ。いろんな人からあれは固いと聞いていたのだけど、実際に使ってみると確かにペン先に厚みがあり、これまでフレックスペンの薄くしなる、というのとは違って力を入れれば順次開く。これはこれまでのフレックスペンがペンのしなりを利用したリズムで書くのに対して、カリグラフィーのようにデザイン的に幅をコントロールして使うペンである。全く新しいフレックス概念を取り入れたペンで感心しました。詳しい内容は趣味文で。イラストを先に描いたのだけれど、スーパーフレックスニブを万年筆だけで描いたのでやたら時間が掛かってやたら疲れた。
IMG_2305.JPGIMG_2307.JPGIMG_2308.JPGIMG_2309.JPGIMG_2310.JPGIMG_2312.JPGIMG_2313.JPGIMG_2316.JPGIMG_2314.JPGIMG_2317.JPGIMG_2318.JPGIMG_2319.JPGIMG_2320.JPGIMG_2321.JPGIMG_2322.JPGIMG_2324.JPG
posted by entotsu at 01:16| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする