2020年05月16日

今日の油塗り革鞄

今日引っ張り出してきたのは、もう30年位前に買ったポーターの革トート。革がマットな質感で気に入って買ったのだけど、これ本体で1.2キロある。この大きさだから、なんだかんだ入れていくと軽く10キロくらいになるので、なかなか出番がなかった。形は気に入っています。
IMG_2141.JPGIMG_2142.JPGIMG_2144.JPGIMG_2143.JPGIMG_2147.JPGIMG_2145.JPGIMG_2146.JPGIMG_2148.JPG
こちらは35年位前のコーチ。グローブレザー全盛の時です。やはりこの時代のものは良かったなあ。あの頃のアメリカの頑固職人たちはどうなっちゃったんだろうねえ?薄い張り合わせの革のコーチは魅力が無いです。
IMG_2150.JPGIMG_2151.JPGIMG_2152.JPGIMG_2153.JPG
こちらはフランスのアンティークバッグ。50年位前のものかなあ?さすがにイタリア製と違って糸が頑丈でほつれがありません。革の質感も金具の質感も好きだなあ。
IMG_2155.JPGIMG_2160.JPGIMG_2156.JPGIMG_2158.JPGIMG_2159.JPGIMG_2157.JPG
posted by entotsu at 01:19| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする