2020年07月03日

TUMI革製ガーメントバッグ。ピクアドロブリーフケース

総革製のTUMIです。良くここまで使ったなあ!というくらい使い込まれています。なんとこれで1000円。TUMIの革が使い込まれるとどうなるのか良くわかります。総じて丈夫に作られているなあという感じ。金属部分は塗料が剥げまくっているのに、ショルダーや持ち手はあまり傷んでない。縁取りされたコバノ部分も底は破けてるけど脇はまだまだ大丈夫。信頼に足るメーカーですなあ。
DSC06779.JPGDSC06784.JPGDSC06778.JPGDSC06782.JPGDSC06785.JPGDSC06786.JPGDSC06783.JPGDSC06780.JPGDSC06791.JPGDSC06781.JPG
さあ、これは珍しいですよ。イタリアのPIQUADROです。東京大丸でセンセーショナルに登場しましたが、ファッショナブルでかっこいいけど値段は高い、色はいいんだけど革に厚塗り顔料がすぐ剥がれる。などで短命で撤退。一時はイタリアの空港のブランド売り場に出ていたのがいつの間にか撤退。だからこのバッグも30年位前のものかなあ?縁取りのブルーが結構剥げてます。これでも当時は3万位したと思うよ。
DSC06792.JPGDSC06793.JPGDSC06801.JPGDSC06795.JPGDSC06800.JPGDSC06802.JPGDSC06794.JPGDSC06803.JPGDSC06796.JPGDSC06798.JPG
posted by entotsu at 00:04| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする