2020年07月05日

カルチェ、Oバッグ、髭バッグ

久々良い革のバッグを手にしました。表はカーフ,柔らかくトロトロ。フラップの裏地はベロア。しっとりいい感じ。5感に働くバッグです。肩から下げて持って感じるバッグです。裏の内装生地もさすがにしっかりしていてポケットも2層縫い。
DSC06832.JPGDSC06835.JPGDSC06838.JPGDSC06840.JPGDSC06836.JPGDSC06842.JPG
こちらはイタリアのOバッグ。シチリア、チェファルーで1個買って持ってますが、この形を買う人がいるとは思いませんでした。この形は日本に輸入されてないので現地で買ってきたお土産かしら?Oバッグはいろいろ素材を取り換えられるので、せめて覆いの部分が革なら良いけど、これは完ぺきに安っぽいでしょう。誰がこの組み合わせにしたのかしら?
DSC06816.JPGDSC06818.JPGDSC06819.JPGDSC06820.JPGDSC06822.JPGDSC06817.JPGDSC06821.JPG
こちらは髭バッグ、ネットで調べても良くわからないんだけどハーベストレーベルの髭バッグブランドらしいんだけど、よくわからない。つくりは中の中っていう感じ。なんでハーベストレーベルがわざわざこのブランドを作ったのかがわからない。もっとヒストリーが欲しい。
DSC06823.JPGDSC06830.JPGDSC06831.JPGDSC06824.JPGDSC06826.JPGDSC06827.JPGDSC06829.JPG
posted by entotsu at 23:02| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする