2020年07月13日

長原宣義大先生のシカゴペンショー

ずーーーっと行方不明だった、長原親父さんがシカゴペンショーに行った時にまとめたものが出てきました。 まずはベクスレイ社長との懇談。
DSC06901.JPGDSC06909.JPG
こちらはペンクリニックに来てくれた人との交流。皆さん喜びの表情が豊かで、最後は握手です
DSC06907.JPGDSC06910.JPGDSC06903.JPGDSC06905.JPGDSC06906.JPGDSC06908.JPG
こちらはペンワールド社長自らの取材。全部広島弁で説明してました。
DSC06926.JPGDSC06916.JPGDSC06918.JPG
こちらはペンショーに自家用ジェットで来て70本入る万年筆襷をいっぱいにして帰る名物おじさん。今回はその万年筆襷を長原大先生に進呈、ジェット機と万年筆の交換も持ち掛けられたが、「わしゃあ、操縦できんけえ、いらんは」と断った。
DSC06912.JPGDSC06911.JPGDSC06913.JPG
こちらは日本から来た神様へ万年筆の贈呈式
DSC06919.JPGDSC06920.JPG
こちらはエンパイヤステートビル
DSC06923.JPGDSC06922.JPG
マジソンスクエアー
DSC06921.JPG
ナイアガラです
DSC06924.JPG
何とも懐かしいです。大先生もまだ元気でいらっしゃるような感じです。
posted by entotsu at 23:22| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする