2020年08月18日

お片付けでひょっこり出てきたシャープペンシル

現在、ひたすら大掃除であります。ついに家がモノで飽和状態になり、根本からの大掃除をやっております。そんなわけであちこち片付けるたびに文房具が出てきます。今日はシャープペンシル編。要は大掃除で出て来たわけなので、普段は使ってない、いつの間にかいなくなったモノたちであります。一番多かったのがコクヨの鉛筆シャープ。これはいつも使っているものだけでも20本くらいはあります。
DSC07480.JPG
次に多かったのがパイロットのオプト。バランス、重さが素晴らしく、そして太軸、それが200円。良いんですけどねえ、使ってると飽きちゃう。
DSC07484.JPG
こちらはアンティークの品々、興味をもって手に入れたんだけど、結局使いにくいので居なくなるパターン。
DSC07481.JPG
こちらは製図シャープ。大好きでどんどん買うんだけど、どんどん無くすやつ。
DSC07482.JPG
形と尻尾を曲げて芯を出すギミックが好きで、結構使ったけど、案外丈夫でまだ尻尾が取れない。太さ重さがなかなかいいんです。
DSC07479.JPG
ぺんてるのエルゴノミクスデザインの原太はどうなるかと思っていたら、流石に生き残れませんでしたねえ。
DSC07483.JPG
ピュアモルトのキャップ式は好きで7本くらいは買ったけど、見つかってなかったのが2本出てきた。
DSC07489.JPG
手前のゼブラはデザインが良かったし、奥のパイロットドクターグリップもデザインが好きでしたが無くしてました。
DSC07486.JPG
パイロットのS20シリーズは大好きで10本くらいあるけど8本くらい行方不明。奥のコクーンも重さが大好きで3本買ったけど、今1本出てきた。
DSC07490.JPG
無印の黒の6画シャープはクリップが胴にぴったり収まる優れもので、クリップを引くとガイドパイプが収納される。形も重さも良くて、それがなんと半額で売ってたので8本買ったら、うち3本はすぐバネが駄目になって壊れた。それで安かったんだわ。キャップ式もなかなかミニマルなデザインでよかったんだけど、小さいのですぐ無くす。
DSC07485.JPG
posted by entotsu at 01:54| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする