2020年08月25日

久々のクロッキー講座

夏の単発クロッキー講座があり久々に裸婦クロッキーをやりました。やはり線を引くということは芸事ですからコンディション、思想、テンションの持っていき方に左右されます、そして積み重ねはサプライズを阻害するので、新しい綱渡りが大事です。日々精進してないと思い通りの線は直ぐに引けなくなります。
 今回クロッキーの時間は5分、10分、2分だったのですがこの頃5分は目いっぱい使って着色に時間をかけていました。ところが今回2分の作品と比べてみると色を塗りすぎて線の表現としては2分のほうが線が強く見えるので考えさせられました。ただ5分ポーズと2分ポーズは当然2分のほうが運動感のあるポーズが多いので一概にただ2分にすればいいわけではないので、今後は少し試行錯誤がいりますね。
 こちらが2分。
DSC07540.JPGDSC07542.JPGDSC07557.JPGDSC07558.JPG
こちらは5分
DSC07555.JPGDSC07556.JPGDSC07552.JPGDSC07553.JPGDSC07550.JPGDSC07549.JPGDSC07551.JPGDSC07554.JPGDSC07548.JPGDSC07544.JPGDSC07541.JPGDSC07546.JPGDSC07543.JPGDSC07539.JPGDSC07545.JPGDSC07547.JPG
posted by entotsu at 23:40| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひょっこりシリーズ、今日はデジカメ

デジカメを使いだしたのは、確か2003年以降で、ちょうどこの時に福音館の山菜の絵本の取材で岩手に行った時である。フィルムカメラ、は
イオス3でそのサブとしてデジカメの一番安いイクシを買って持って行った。イオスで撮って、イクシで押さえをしていたのだけど、帰ってからどちらもL版でプリントしたら、なんと見分けがつかなかった。勿論小さなL版だからということはあるけど、大判にしないのならばデジカメは使えるわ!とこの時思った。
 さてこちらは富士フィルムのファインピクス700. 1.5メガでこんな小さな再生窓で1998年で99000円もした。だからこれは相当経ってから中古で安く買ったものだろう。形は好きだったんだけどね。
DSC07519.JPGDSC07520.JPGDSC07521.JPG
こちらはオリンパスAZ.この金属質感は好きで写りも良かった。
DSC07523.JPGDSC07525.JPGDSC07537.JPG
なんか薄型のスライドオープン型のデジカメが好きだったようで4つも出てきたまずニコンS80
DSC07534.JPGDSC07535.JPGDSC07532.JPG
これはサイバーショット
DSC07526.JPGDSC07528.JPGDSC07527.JPG
これはファインピクス
DSC07533.JPGDSC07531.JPGDSC07532.JPG
こちらはクールピクスS60
DSC07529.JPG
posted by entotsu at 00:42| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする