2020年10月05日

コーチ、グローブレザーバッグ、DESMO、ビュレ

コーチの昔のグローブレザーのフラップ式ブリーフケースの未使用デッドストックモノです。今時珍しい。現在のモノと違って丁寧に作られています。重さ削減の為に仕切りを途中からナイロンにしたりデザイン上も凝ってます。なにより前面ポケットの段差が良いですわあ。現代ではこういう伝統の形態は流行らないんだろうけどブランドイメージの為に作り続けて欲しいね。もう職人居ないんだろうなあ。
DSC07801.JPGDSC07802.JPGDSC07803.JPGDSC07808.JPGDSC07805.JPGDSC07806.JPGDSC07804.JPG
こちらはDESMO.イタリアフィレンツェのバッグメーカー。買うと高くて10万位するけど、これは捨て値。フィレンツェ旅行のプレゼントで貰ったのかな?全く未使用。これは好き嫌いあるよね。丈夫で、海外では高級ブランドで通ってるけど日本じゃねえ。使いようによっては面白いよ。
DSC07817.JPGDSC07816.JPGDSC07813.JPGDSC07815.JPGDSC07814.JPGDSC07811.JPGDSC07812.JPGDSC07810.JPG
こちらはビュレ。一時大々的に流行ったから、飽きられるのも早いかなあ。マシュマロレザーは面白いけど形の差別化が難しい。それでこんなポシェット作ったんだろうけど大失敗。柔らかい革で磁石停めはぐにゃぐにゃになるでしょう。ずれにずれてます。造形の根本に立ち返らないと。マシュマロレザー悪くないのにね。大事にしないと。
DSC07819.JPGDSC07820.JPGDSC07818.JPGDSC07821.JPGDSC07822.JPGDSC07824.JPG
posted by entotsu at 22:51| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野の森美術館アートスクール火曜昼夜合評会

女パイレーツモデルの作品です。昼は銀箔下地の上に描きます。チューリップがグリーンなので銀に結構あって、まとまりが良かったですね。
DSC07779.JPGDSC07780.JPGDSC07781.JPGDSC07782.JPGDSC07783.JPG
コチラは僕の作品
DSC07785.JPGDSC07786.JPG
夜間はドリッピング下地にパイレーツを描くです。結構皆さん下地で作った垂らしこみの点を大事にしてバックを弄らないようにうまく描いてました。やはりドリッピングはインパクトが強いし、普段使わない色を使うので勉強になります。
DSC07787.JPGDSC07792.JPGDSC07795.JPGDSC07796.JPGDSC07794.JPGDSC07793.JPGDSC07788.JPGDSC07790.JPGDSC07791.JPGDSC07789.JPG
posted by entotsu at 00:34| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする