2020年11月18日

東京皮革学生カバン振興会のバッグ

母親の戸籍証明が必要なため本籍がある岩沼の役所に取りに行ったら、目の前にリサイクルショップがあった。内容はひどいものだったがヨレヨレのブランド物がやたら高値についていた。そんな中に未使用の学生カバンがあった。ブランド名はなく東京皮革学生カバン振興会と名前があるだけ。革はピカピカになってるけど古いものらしく開け閉めの部分は革が切れてる。調べても振興会の事は分からず、地元のカバン店が在庫処理で出したものだと思う。電話番号は03から始まるので1988年以降で作られたものだ。僕が使っていた時代でもすでに皮革からクラリーノという人口皮革に代わっていたからマイナーで検討してきたとこなのだろう。金具などで徹底的な補強がされているので丈夫なことは分かる。ポケットも前面に7つも付いているのは中々すごい。定価は23000円なのでメーカーは6900でこのカバンを作らなくてはならない。原材料費も2300円しか使えないから、その値段でこのカバンを作るのは大変だろうなあと思う。現在学生カバンはほとんど帆布やナイロンになっているから皮革が何時まで続けてこれたのか興味はある。しかしランドセルは今でも皮革が中心で10万もしていても売れてるのだから不思議である。このカバンのタグには「日本ヌメ革工業組合」というのも出てるので、これも調べてみたいね。
DSC08156.JPGDSC08157.JPGDSC08158.JPGDSC08166.JPGDSC08162.JPGDSC08161.JPGDSC08160.JPGDSC08163.JPGDSC08172.JPGDSC08165.JPGDSC08164.JPGDSC08159.JPGDSC08167.JPGDSC08168.JPGDSC08175.JPGDSC08171.JPGDSC08174.JPGDSC08170.JPGDSC08177.JPGDSC08169.JPGDSC08173.JPGDSC08179.JPG
posted by entotsu at 12:06| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

ヴィンセント・アミーゴの新作CD

フラメンコに嵌ったのは10数年ほど前に行ったスペイン旅行でマドリードに3日ほどいて、その時に絶対間違いのない凄いフラメンコのタブラオを教えてもらって行ったのである。最初2人のギターの掛け合いから始まる、この掛け合いだけで今日来てよかったあと感激するのである、次に箱をパコパコ叩く人が出て、いつの間にか後ろに手をたたく人が出てきてリズムをとる。そこにカンテと呼ばれる歌い手が出てきて、あお〜うお〜という感じで歌い始る。これが良いのだ。そのリズムに引き込まれてくる。そして踊り手が出てくる、結構歳な人が出て来たので、これはどうかなあと思っていたら、なんと1秒間に何ステップ踏むのだろうという超高速ステップで会場はもりあがり熱狂してゆく、最後は総立ちで拍手だった。それからはもう毎日フラメンコで良いくらいの気持ちになったが、日本で何回かフラメンコを見たけど、全然違うのである。
 フラメンコギターの弾き手で一番の人は誰かと尋ねたらパコ・デルシアであると教えられてCDを買いまくった。さらにヴィンセント・アミーゴも好きになって良く聞いていた。パコが亡くなってそのヴィンセント・アミーゴが追悼の意味で多くのカンテと共演したレクイエムが入っているCDを山野楽器で見つけて聞いた。皆が国民的英雄であるパコを偲んで腹の底から声を出して叫ぶのである。今の日本ではこういう風に誰かが亡くなってこんな風に皆が集まって歌って送ることがあるだろうか?スペインの人たちはそういう歌を持っているのだと思うと、なんか日本人はある部分がずれてしまっているように思えてくる。
DSC08148.JPGDSC08149.JPGDSC08150.JPGDSC08151.JPGDSC08154.JPGDSC08153.JPGDSC08152.JPGDSC08155.JPG
posted by entotsu at 01:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

牛久教室今日のモデル作品

モデル2週目です。今回はポジションも良いのでS20号に描いてます。主題は人体モデリング。なんとか全身の筋肉つながりのモデリングを完成させたいという熱い気持ちでやってます。絵として魅力あるものにしながらモデリングを極めるというのは大変ですわ。しかし巨匠たちは難なくやってますからなあ。前回張り切り過ぎてバックを盛り過ぎたので今回は慎重です。前回まで描いたものにグレージング、おつゆ掛けしながら描きこみます。
DSC08136.JPGDSC08141.JPGDSC08137.JPGDSC08146.JPGDSC08144.JPG
posted by entotsu at 01:44| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする