2021年01月22日

万年筆昔カタログつれずれ

万年筆資料を整理してたら、松本の万年筆の山田の店主の久保田さんから貰った昔のカタログが出てきた。まずは1977年の国民生活センターテストの各メーカーの7項目のテストでセーラーの2000円の身に万年筆がオールAをとったという記事です。ちなみにパーカー75はAは2つだけ、キャップの勘合、ペン先が使うにしたがって開いてしまうはCだった。
DSC08765.JPGDSC08762.JPGDSC08763.JPG
DSC08761.JPG
これはセーラーのキャンディー万年筆の広告
DSC08766.JPG
これも面白いですよ。使えなくなったパーカー万年筆を送ると値段に応じてクーポン券が貰え新しいパーカー万年筆を買うときに金券として使えるというもの。万年筆が売れなくなってきた時代の苦肉の策。
DSC08769.JPGDSC08770.JPGDSC08768.JPG
こちらは1978年の世界の万年筆カタログ。その少ないラインナップを見てください。モンブランでも2ページだけ、ラミーは1ページで万年筆はラミー2000、1本だけ。
DSC08773.JPGDSC08774.JPGDSC08775.JPGDSC08776.JPGDSC08779.JPGDSC08778.JPGDSC08777.JPGDSC08780.JPG
posted by entotsu at 02:50| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

今年の個展作品進んで引いて

上野のアートスクールが緊急事態宣言の為夜間講座が休講。その為今日はアトリエに籠って個展作品の制作。途中バイクがこの頃走ってないのでバッテリーがアウアウ言い始めたので久々に土浦まで往復。調子が戻りました。今年の個展は今まではあくまでも3次元を感じさせる平面構成を使っていたのだけれど今回は完全抽象の色面の中で今までのイメージを表現できるかが課題。どうなるか分かりませんが分からないほど魅力的。
それで1日ストーブ付けっぱなしなのがもったいないのでダッチオーブンをストーブで使って鳥の丸焼き焼いたのは2時間半で、流石に火力が弱いので焼き目は付きませんが、実にジューシーな出来上がり。これは使えますわ。
DSC08745.JPGDSC08753.JPGDSC08747.JPGDSC08746.JPGDSC08759.JPGDSC08760.JPGDSC08758.JPGDSC08755.JPGDSC08754.JPGDSC08748.JPGDSC08750.JPGDSC08757.JPG
posted by entotsu at 23:56| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロッキー月間終了

上野の森美術館アートスクール火曜水曜のクロッキー三昧月間が終了。例年だと400枚くらい描いてたのが今年は緊急事態宣言休講が相次ぎせいぜい200枚しか描けなかった。この時期にクロッキーで線を自分でも生徒さんと一緒に描いて追い込むのが、今年は消化不良。しかしクロッキーは絵画表現の原点だと思います。今回もいろいろ勉強になってます。描いている紙は満須屋の原稿用紙の4つ切り。コヒノール6.5mm芯、パンパステルです。時間は5分
DSC08742.JPGDSC08739.JPGDSC08740.JPGDSC08744.JPGDSC08743.JPGDSC08731.JPGDSC08734.JPGDSC08735.JPGDSC08737.JPGDSC08741.JPGDSC08729.JPGDSC08732.JPGDSC08736.JPGDSC08738.JPGDSC08730.JPGDSC08722.JPGDSC08724.JPGDSC08723.JPGDSC08725.JPGDSC08733.JPGDSC08728.JPGDSC08726.JPGDSC08727.JPGDSC08721.JPGDSC08720.JPGDSC08719.JPG
posted by entotsu at 00:44| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする