2021年01月12日

万年筆画教科書イラスト作成佳境

万年筆画の教科書の細字と太字の表現の違いのイラストを描いた。細字はプラチナ春暁EF
DSC08641.JPGDSC08644.JPGDSC08643.JPGDSC08645.JPGDSC08646.JPGDSC08647.JPG
こちらはラミーの太字での表現。
DSC08648.JPGDSC08649.JPGDSC08650.JPGDSC08651.JPGDSC08652.JPGDSC08653.JPG
こちらは描き方の説明で実線を引かずに点であたりを付けながら描きこむのが大事。
DSC08657.JPGDSC08658.JPGDSC08659.JPGDSC08660.JPGDSC08661.JPGDSC08662.JPGDSC08663.JPG
posted by entotsu at 23:30| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだかオカシイ、ゴールドファイル

リサイクルに完全にブランド価格を外された気の毒な値段でゴールドファイル、大型ブリーフ、ドイツ製が出てた。しかも未使用。当時は15万位したんじゃないかしら。それで確認の為ネットで現在のバリエーションを検索したら、なんだかオカシイ。要するにドイツのゴールドファイルは倒産してその商標権を日本の会社が買って日本製のゴールドファイルとして再興されたんだけど、ホームページを見るとまるで1800年代からカバン作っていて今でもドイツで作ってるんじゃないかと思ってしまうように作ってある。僕は倒産たたき売りセールを知ってるので、なんかそのあたりの事とか革をどうやって確保してるかの情報の方が欲しいけど。なんか倒産隠しているようで変ですよ。さらに伊勢丹で扱ってますとなると皆で無かったことにしてるみたい。
とりあえずこれが今回手に入れたデカブリーフ。携帯入れが小さいのとPCを入れる部分が接着されていてPC入れない人には使いにくい。それで結構な重さがある。
DSC08623.JPGDSC08625.JPGDSC08631.JPGDSC08628.JPGDSC08627.JPGDSC08630.JPGDSC08629.JPGDSC08626.JPGDSC08634.JPGDSC08637.JPGDSC08633.JPG
これが現在発売されているB5のオックスフォードシリーズ金具の形が違います。
DSC08622.JPG
こちらがドイツ製の昔のB5ブリーフケース。使ってるとショルダー金具がコバノ部分にあたって削れる。高いバッグでそれはないよね。
DSC08636.JPGDSC08632.JPGDSC08638.JPG
DSC08640.JPG
こちらはドイツ製の僕の好きな口金こういうの復刻すればいいのにと思う。
DSC08635.JPG
posted by entotsu at 01:52| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする