2021年02月23日

万年筆画教科書藁屋根を描く

日本家屋の描き方として藁屋根は外せないので描き方の作例を作ってます。今回使う万年筆も凄いですよ。フルハルター森山さんの掟破りの逸品です。なんとこのモンブラン銀軸はボディーを銀にすることで絶妙なバランス。さらに極細から、なんとなんと押さえると1.5センチの線が出る。1.5ミリじゃあありません。1.5センチです。こういうことが出来る人は普通の人では無理です。この頃森山さんは紳士で優しい人だという噂が飛び交っていますが、このペンを見れば単なる紳士には出来ないことが分かるでしょう。
 スケッチの方は最初はとぎれとぎれの線で描き、だんだん手前と向こうで強弱をつけていきます。木の部分は木目を描き、藁屋根は手前に来るほど太く長くしています。光が当たる面と影の面では影の方を全体暗くしています。この家屋は大内宿の元祖ネギ蕎麦の店。
DSC09145.JPGDSC09147.JPGDSC09146.JPGDSC09148.JPGDSC09149.JPGDSC09151.JPGDSC09153.JPGDSC09154.JPGDSC09156.JPGDSC09158.JPGDSC09157.JPGDSC09159.JPGDSC09160.JPGDSC09163.JPGDSC09162.JPGDSC09155.JPGDSC09161.JPGDSC09164.JPG
posted by entotsu at 02:43| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

万年筆画教科書の木造家屋作例

日本の家屋をスケッチする際に避けて通れない木造建築と波板トタンを描く作例です。基本的に木造物にはすべて木目を入れます。そうしないと木造物の質感が出ません。木目が見えません!と言う場合にも自分で想像して描きこみます。こういう時に備えて神社などで木目の写真を撮ってコレクションしておくといいです。波板トタンは縦線をしっかり入れます。古びた錆が出ている場合も縦線を入れてから錆を描きます。木目も波板トタンも一生懸命見えた儘を描こうとしてしまいますが、かえって素材感が表現できなくなってしまいます。木目とトタンには縦線を対応させてください。上手くなってきたら自分の方法論で描いてください。今回の建物は黒姫駅の近くにある建物。もう一軒と繋がっているものを切り離して表現してます。地面の草はペンのタッチで表現しています。今回使っているペンはフルハルター森山さんの絵画用モンブラン146。このペン先は昔の柔らかいペン先とエボペン芯で超極細から8ミリ幅の線まで引けます。森山絵画用スペシャルは様々作っていただきましたがこの表現力は凄まじい一言であります。
DSC09127.JPGDSC09129.JPGDSC09128.JPGDSC09131.JPGDSC09132.JPGDSC09125.JPGDSC09126.JPGDSC09133.JPGDSC09134.JPGDSC09135.JPGDSC09136.JPGDSC09138.JPGDSC09139.JPGDSC09140.JPGDSC09142.JPGDSC09141.JPGDSC09143.JPGDSC09137.JPGDSC09144.JPG
posted by entotsu at 01:59| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

sophia's love Bowtiqueと鎌倉帆布、手作り小物入れ

この面倒くさい名前のsophia's love Bowtiqueのバッグは海外から布を輸入してデザイナーが一点づつ編み上げて作るそうでネットで調べても中古販売が2点出てくるばかりである。使った形跡無し。どうしたんだろうねえ、貰ったけど気に入らないので流したのかしら?しかしこれシンプルにもかかわらずかなり重い。ボタンはほんとに嵌めにくく外しにくい。
DSC09111.JPGDSC09112.JPGDSC09114.JPGDSC09113.JPGDSC09115.JPGDSC09116.JPG
こちらは鎌倉帆布。特徴はブランドネームプレートと真鍮プレート。おかげで結構高い。この頃は帆布ばかりでなく革にも進出したようで名前が変わっている。ほぼ未使用で流されている。小さいのを一個持っているので鎌倉帆布は2個目。
DSC09105.JPGDSC09108.JPGDSC09107.JPGDSC09109.JPGDSC09110.JPGDSC09106.JPG
こちらはリバティーの古布を使った小物入れ。作者が刺繡を入れたり、トルコの刺繍ボタンを使ったりしている。これは布の柄が気に入って買ってきたのだ。こういう手作りの布製品は結構趣味人口は多いと思うのだけど、あまり傑出したものが出て来ない。常識的な範囲から抜け出すものが少ない。もう少し注文できる布小物文化がカリスマ指導者の出現で動かないかなあ、と思ってやまない。これはミニスケッチブックとして使っている。
DSC09117.JPGDSC09123.JPGDSC09119.JPGDSC09124.JPGDSC09120.JPGDSC09121.JPGDSC09118.JPGDSC09122.JPG
posted by entotsu at 00:35| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする