2021年02月02日

竹万年筆あれこれ

長原大先生の布袋竹を入れていた箱にいろいろな竹万年筆が入ってた。まずはこれが長原大先生の万年筆を買った一番最初がこの布袋竹、アンシャンの為に!作ったもんじゃいと言われて買ったのだけれども、実は僕の前にワーグナーの森さんが言われていて、森さんの話では僕が3人目だったそうだ。クロスポイントの長刀を作り始めていたいた頃のものなので苦心の跡が見える。
DSC08871.JPGDSC08872.JPG
こちらは酒井栄介さんのジャンボ竹万年筆。ペン先には白ペンのデカモノが付いていて、ペン芯は酒井さんの手作り。貴重ですなあ。
DSC08873.JPGDSC08874.JPGDSC08875.JPG
こちらも酒井さんに特注で作ってもらった黒檀ボディーのインク止め式万年筆。全部で5本作ってもらったんだけど黒檀のキャップが割れたり、インク止めが漏れ始めたり崩壊して今使えるのは1本だけ。
DSC08876.JPGDSC08877.JPG
こちらは石川金ペンの廃業前最後のパーレイの竹万年筆。インクはプラチナのカートリッジが使えた。
DSC08878.JPGDSC08879.JPGDSC08880.JPG
posted by entotsu at 00:34| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする