2021年09月23日

流石に革の良いイタリアバッグ2体。

リサイクルショップで数多飾られ吊るされたバッグの中でも、およよ!なんだこれというのが混じっている時がある。艶、張り、手触り。今回はVIA REPVBBLICAのポシェット。手抜き無しの縫込み、ええのお!という触り心地。こんな商品にこそブランドの実力が現れますなあ!
DSC00845.JPGDSC00846.JPGDSC00849.JPGDSC00847.JPG
DSC00848.JPG
こちらも革が良いんです。フィレンツェのGIANNI CHIARINIのショルダー。触るとトロトロ。革の良さを知ってるだけに革の張りを使ったフラップなども考えられる。革で遊んでる感覚が大事。
DSC00850.JPGDSC00851.JPGDSC00853.JPGDSC00852.JPGDSC00854.JPG
DSC00857.JPGDSC00855.JPG
posted by entotsu at 00:49| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする