2021年10月13日

ル・ボナーバッグ雑感

神戸のかばん屋、ル・ボナーのバッグで僕の1位、2位はまず、学手風バッグ、これは革が良くて形も良くて大好きなんだけど、問題は使いにくい。まず、ベルトの開け閉め、さらに細身なので書類系の持ち運びには至極便利なのだけれどカメラや嵩張るものが入れにくい。それと大きさがあるので路上での開け閉めはしんどい。外部ポケットが無いのですべて開閉して使う必要がある。この為、常に大量の荷物が或る私は頻繁には使えず、よっしゃ!行くでー!という時に使っている。このバッグは奥さんのハミさんが作ったもので、ベルト留めの革を重ねたゲタがあるため量産は無理と言っていたのが、このたび量産に成功したみたいで値段も下がって買いやすくなってるそうです。お薦めです。
DSC01019.JPGDSC01016.JPGDSC01018.JPGDSC01020.JPGDSC01017.JPGDSC01015.JPGDSC01013.JPG
こちらはル・ボナー親父が作ったプロトタイプのバッグ。これは市販まで行かなかったものなのだけど、この大きさ、ふくよかさ、収納の真仕切り、革の感じ、大好きなんだけど、留め具が閉めにくい。中身がパンパンに入っていればまだ閉められるけど、アッサリしか入ってないと自分の手を脇から差し入れて閉めないと閉まらない。時間に余裕のある時ならよいが急いでるときは癇癪が起きる。まあ、留め具を変えて量産して欲しいモデルです。
DSC01007.JPGDSC01008.JPGDSC01011.JPGDSC01014.JPGDSC01012.JPGDSC01010.JPGDSC01009.JPG
posted by entotsu at 02:18| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする